マーケットニュース

円安による業績への影響は?=自動車関連企業/ハイテク企業2023年3月期想定為替レート・為替感応度調べ(時事通信)

<2022年5月24日>

こんにちは。JMFメルマガチームの林千晴です。
某社の超極細0.4mmボールペンは、まるで万年筆のような書き心地、品のある仕上がりで「あれ?私、字がキレイ?」なんて思わせてくれます。先日、替芯3本を購入。1本目を詰め替えたその日にどこかに落としてしまいました。手元には替芯だけが2本、さみしく残っています。なので、今週のTo Doリスト第1位は「ボールペンを買う!」です。
それでは本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/05/23 10:00

〔為替感応度・自動車関連株〕トヨタ、1円円安で営業益450億円増=23年3月期

時事時事

 自動車関連企業の2023年3月期の想定為替レートがほぼ出そろった。完成車メーカー9社と自動車部品大手10社について時事通信社が調べたところでは、総じて対ドルで115~120円、対ユーロは1ユーロ=130円の水準に設定している企業が目立った。具体的には、トヨタ、デンソー、アイシンが1ドル=115円、日産自、ホンダ、SUBARUは1ドル=120円としている。

 そして想定為替レートに対する「感応度」を見ると、例えばトヨタは、ドルに対して1円の円安で約450億円、対ユーロでは1円の円安で約60億円、営業利益を押し上げるという。他企業の為替感応度(営業利益ベース)は、日産自が対ドルで1円当たり100億円弱(対ユーロは非開示)、ホンダは対ドルで約120億円、対ユーロで15億円、SUBARUは対ドルで約105億円、対ユーロで2億円。デンソーは対ドルで34億円、対ユーロで8億円などとなっている。なお、トヨタ紡織は「現地生産・現地消費を進めており、為替変動による業績への大きな影響はない」(広報)という。

 現時点では実勢レートが対ドル・ユーロともに想定レートよりも大幅な円安水準にあり、業績には大きなプラス材料と言える。ただ、「金融市場の値動きが激しいため、米国向けエクスポージャーの一部で為替予約などによるヘッジを行っていることから、試算した通りの押し上げ要因にはならない可能性もある」(日産自)という企業もある。何より、地政学リスクの高まりに伴う燃料費・輸送費の上昇や中国での「ゼロコロナ」政策に伴う生産・物流の停滞など、為替以外には業績へのマイナス材料が山積しており、各企業が「円安メリット」をそのまま享受できるかは見通せない状況だ。(了)

※主要自動車関連企業の想定為替レート・為替感応度は以下のURLからご参照ください

特選記事

〔為替感応度・自動車関連株〕トヨタ、1円円安で営業益450億円増=23年3月期

自動車関連企業の2023年3月期の想定為替レートがほぼ出そろった。完成車メーカー9社と自動車部品大手10社について時事通信社が調べたところで …


2022/05/24 10:00

〔為替感応度・ハイテク株〕想定レートは1ドル・120円中心=23年3月期

 電機・電子部品・半導体製造装置などハイテク企業の今期(2023年3月期)の想定為替レートが出そろった。時事通信社が主要30社を対象に調べたところ、対ドルでの想定レートは1ドル=110~125円に設定されており、ハイテク企業の多くが今期も増収増益を予想する中、現在の相場水準が続けば業績を押し上げる要因となる。

 具体的には、対ドルで今期想定レートを示した27社中、日立、村田製、TDKなど最も多い10社が1ドル=120円に設定。1ドル=110円と最も円高水準としたのはNECと日本電産、一方、リコーとファナックは125円に設定した。また為替変動による業績への影響「為替感応度」を見ると、1円の円安による営業利益の押し上げ効果は村田製で60億円、キヤノン(想定レート・1ドル=112円)40億円、日立、三菱電(同115円)で15億円などとなっている。

 ソニーG(想定レート・1ドル=123円、1ユーロ=135円)は、対ドルの為替感応度は1円当たり10億円だが、対ユーロでは1円で70億円の増益効果があるとしている。一方で、NECは「海外では電子政府のシステム構築や金融機関のクラウドシステムなどソフトウエアサービスに注力しているため、為替変動による業績への影響は大きくない」(広報)としているほか、東エレクは「取引の多くが円建てで、為替変動の影響はない」(同)と説明している。

 もちろんハイテク企業の業績は、ウクライナ情勢などを反映したエネルギー・原材料高やコロナ感染拡大に伴う部品不足などにも左右され、今期についても決して楽観できる状況ではない。ただ市場には、「市況高などの外部要因が落ち着けば、ハイテク銘柄が円安メリット株として改めて注目されそうだ」(国内証券)との声が出ていた。(了)

※主要ハイテク企業の想定為替レート・為替感応度は以下のURLからご参照ください

特選記事

〔為替感応度・ハイテク株〕想定レートは1ドル・120円中心=23年3月期

電機・電子部品・半導体製造装置などハイテク企業の今期(2023年3月期)の想定為替レートが出そろった。時事通信社が主要30社を対象に調べたと …


=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。素敵な1週間をお過ごしください。 林

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ