マーケット
モニターツール

【時事通信社×データ・ニュース配信】
有価証券運用、証券営業、マーケット資料作成・調査

時事通信社の金融情報端末「マーケットモニターツール」

1945年よりマーケットに必要なデータとニュースを日本語で速報配信するサービスを行っており、市場参加者の皆さまの投資判断をサポートして参りました。時代に合わせた最新の様々なデバイスに対応し、お客さまのご希望や用途に応じて幅広いラインアップから最適なご提案ができます。

時事通信社の強み・セールスポイント

豊富なラインアップにより、「経費削減」「端末構成の最適化」ができることが最大の強みです

時事通信社の強み・セールスポイント
※当社調べ

課題解決のご提案

「マーケットモニターツール」サービスラインアップ

豊富なサービスラインアップから、お客様の用途・予算にあったサービスをご提供いたします。

(メインエヌエックス)
国内外のリアルタイムマーケットデータ・ニュースを取得できるアプリ形式のサービスです。画面のカスタマイズ、Excelリンクなど必要十分な機能を実装しています。
(メインジェイ)
国内外のリアルタイムマーケットデータ・ニュースをブラウザ上で取得。Excelでデータリンクもできます。
(エヌエックスウェブ)
主要な国内外のマーケットデータ・ニュースをブラウザ上で取得。検索時リアルタイム更新で、コストを抑えてご利用できます。
(プライム)
証券会社のリテール営業に必要な情報をパッケージしたアプリ形式のサービス。Excelへのリンク、タブレット利用など対応しています。
(ジェイジーエックス)
オンライン証券のお客さま向けサービス。ブラウザからIDでご利用いただけ、投資判断に必要な情報をご覧いただけます。
(ジジメインニュース オン リフィニティブ)
REFINITIV社提供サービス上で時事通信社の正確な速報をご覧いただけます。
(ジジメインニュース オン ブルームバーグ)
Bloomberg社提供サービス上で時事通信社の正確な速報をご覧いただけます。

他にもこのようなサービスがございます

適時開示情報・重要事実情報のマーケットインパクトをスコアでご提供します。また、決算短信を瞬時にサマリーレポートとしてお届けします。
膨大な適時開示情報の中から、重要事実に該当する情報のみを抽出してご提供します。他に類例のないコンプライアンス向け情報サービスで、金融機関の業務効率化を支援いたします。

マーケットモニターツールの活用方法

利用者を増やしながら料金を下げることができます

NX-Webの例

今までは1台のPCに端末が固定されており、皆で1台を共有していました。
皆でPC1台を共有
NX-Webでは御社のLAN上で同時アクセスができますので、個別のPCで閲覧ができます。「資料作成」「情報収集」「経費削減」などでお役立ていただけます。
各人のPCで閲覧が可能

店頭・営業員・ネットなど用途に分けて最適なご提案ができます

J-GXの例

どの用途・機能でもA社のサービスだった
異なる用途でも全て同じ機能
  • 人によってはオーバースペック
  • 使いこなせていない人がいる
  • ネット証券も検討している
用途に合わせて最適化し、経費削減
用途に合わせて最適な機能

用途やご要望・ご予算に合わせて最適なご提案ができます

  • NX-Web
  • MAIN J
  • MAIN NX
  • トレーディングサポート J-GX
  • PRIME
  • JIJI MAIN NEWS on Refinitiv 
  • JIJI MAIN NEWS on Bloomberg
  • 有価証券運用を始める
  • 証券営業向けのサービスを検討したい
  • バックオフィスに1台簡易版を導入したい
  • バックアップ用のサービスを考えたい
  • 役員、役職者用の端末を検討したい
  • ネット証券用のサービスを導入したい

よくあるご質問