バロンズ・ダイジェスト

時事通信社はダウ・ジョーンズと提携し、米国で最も著名な投資週刊誌「BARRON'S(バロンズ)」の記事から、他では読むことができない厳選した米国の株式、証券などの金融商品や米国経済のプロ向け情報を、日本語で毎日お届けします。

バロンズ・ダイジェスト
読みこなしガイド

「バロンズ・ダイジェスト」について

『バロンズ・ダイジェスト(旧バロンズ拾い読み)』は、バロンズ誌の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し日本語で抜粋したリポートです。時事通信社はダウ・ジョーンズと提携し、米国で毎週土曜日に発行されるバロンズ誌の抜粋・要約版である『バロンズ・ダイジェスト』を日本時間日曜日に10本、平日に10~15本を配信いたします。

バロンズ・ダイジェスト

バロンズ・ダイジェストを試読する

バロンズ・ダイジェスト バックナンバー

サービスの特長

英語版で毎週数十本配信される中から、以下のように日本の投資家に有用かどうかという視点で掲載する記事を選択しています。

米国でも注目度が高いかどうか

年初のラウンドテーブルという著名ストラテジスト・運用者の座談会は有名です。マクロ経済、政治、国際情勢など相場に影響する話題が取り上げられ、参加者は米国でも大きな注目を集めます。ここで推奨された銘柄は半年後に中間報告、一年後の同じ企画できっちりとパフォーマンスが開示されます。

節目節目の景気・相場見通しの特集記事、ETFや金の動向、国際情勢、さらにはミューチュアルファンド、ヘッジファンドなど、その時々の流行りのテーマも取り上げています。

相場を考える上で参考になるかどうか

毎週のようにファンドマネージャーの紹介記事がありますが、ここでは運用者の投資哲学や保有銘柄が紹介されています。プロの投資手法が学べるという点で、彼らの保有銘柄は大いに参考になります。また、ハイテクやシェールガス、ESGなど米国発の新潮流を紹介した記事は日本でも注目度が高く、積極的にとりあげています。

バロンズ・ダイジェスト
読みこなしガイド

サービス提供方法

Webサービス

専用サイトにID/PWでアクセスし、閲覧していただきます。

PC、タブレット、スマートフォンなど複数のデバイスからご利用頂けます。

対応ブラウザについては以下をご参照ください。


<対応ブラウザ>
IE11
Edge
Chrome 最新版
Firefox 最新版
Mac Safari 最新版
Android Chrome 最新版
iOS/iPadOS Safari 最新版

パソコン、スマートフォン、タブレット端末で、ご利用できます。

配信サービス

証券オンライントレードの会員サイト向けなどに、PDF形式のファイルで配信いたします。

よくあるご質問