マーケットニュース

31年ぶりに高まる地政学リスク=株式相場は「節分天井、彼岸底」か?

<2022年2月18日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の松田莉奈です。
先日カードゲーム「はぁって言うゲーム」で盛り上がりました。勝つためには、表現力と推理力が大事なようです。友人らのバリエーション豊かな表情や声を見聞きできて、面白かったです。
それでは本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
31年ぶりに高まる地政学リスク=株式相場は「節分天井、彼岸底」か?

時事時事

 足元の日経平均株価は27000円台半ばと、昨年大納会の水準を5%ほど下回っています。米国のインフレ懸念に加え、ロシア軍の16日侵攻説が出たウクライナ情勢の緊迫化など強力な不安材料が重なり、下げ相場がいつまで続くか心配になってきますが、こんな時には相場格言がヒントを与えてくれそうです。

 この季節の相場格言として「節分天井、彼岸底」が有名です。2月初頭からの下げ相場が3月下旬の春の彼岸あたりに底を打つというものです。「新年の資金資金流入が一服して2月に株価は天井を付け、国内法人の決算対策売りが片付く3月20日ごろまで下げ続ける」という需給関係の季節要因を根拠とする解説が広まっています。

 そこで、2000年から昨年まで22年分のデータを検証してみました。日経平均を節分(休日の場合は前営業日)と春分の日の前日と比べると、春分の日にかけて下落した年と上昇した年がともに11回でした。1972年までさかのぼって50年分のデータを取っても、春分の日にかけて下落した年が24回、上昇した年が26回とほぼ拮抗しています。1983年から88年までの6年間は格言と逆に彼岸にかけて上昇し、さながら「節分底、彼岸天井」でした。

 営業一筋でやってきた地場証券会社の役員は「2月は少ない立会日でも営業目標をこなし、3月は年度の営業成績が確定するので、両月ともセールスに力が入った」と振り返ります。確かに、節分の日経平均が前年大納会の水準を下回り、彼岸をさらに安値で迎えたのは過去50年のうち9回しかありません。相場格言にあるような、春分の日にかけての鮮明な下落トレンドが幻だったと分かり、少し安心しました。

 ただ、今回は少し厄介かもしれません。日本は円安・資源高、米国は金融引き締めまっしぐら、そこにウクライナ情勢という地政学リスクが重なる過去にあまり例のない厳しい相場環境です。日本のバブル崩壊は1991年3月、その直前の同年1月にイラクによるクウェート侵攻を機にした湾岸戦争が始まり、金融市場は大混乱に陥りました。昨年は31年ぶりの株高に沸きましたが、今年は31年ぶりの地政学リスクの高まりです。彼岸底か彼岸天井か、不安定な相場を注視したいと思います。(JFSメールマガジン編集長・伊藤幸二)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。素敵な週末をお過ごしください。 松田

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ