マーケットニュース

持ち直すばら積み船市況(バルチック海運指数)

<2022年2月15日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原(すのはら)桃子です。
長年使っていた折り畳み傘が壊れてしまい、新しいものをネットで購入しました。「スマホより軽い」というフレーズの通り、本当に軽く、コートのポケットに入るぐらいのサイズ感も便利です。あとは耐久性が気になるところですが、先日の雪は大丈夫でした。
それでは、本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/02/14 11:56

〔商品ウオッチ〕ばら積み船市況、持ち直し=脱炭素めぐり中国の動向焦点に

AFP時事AFP時事

 昨年10月の高値をピークに急落していた、鉄鉱石や穀物などを運ぶ「ばら積み船」市況が持ち直している。脱炭素化で中国の粗鋼生産量の減少に伴い鉄鉱石の輸送量が鈍り、市況は高値から一時8割近く水準を下げた。新型コロナ禍での海上物流の混乱は続いており、中国を中心にした資源・原材料の輸送需要の回復次第では、年央に向け再び上昇が加速する可能性もはらんでいる。

 ばら積み船市況の代表的指標は、バルチック海運指数(BDI、1985年=1000)。BDIの2月11日の終値は1977。昨年10月上旬に約13年ぶりの高値となる5650を付けた後は下落に転じ、1月下旬には1296まで下げ、約1年ぶりの安値水準となった。中国の春節(旧正月)が7日に明け、荷動きが徐々に出てきたことで指数は上昇したが、例年1~2月は輸送需要が停滞する時期に当たる。

 昨秋以降の市況急落は、鉄鉱石輸入で世界全体の7割を占める中国の粗鋼生産量の減少が背景だ。世界鉄鋼協会の調べでは、2021年の中国の生産は、前年比3%減となり6年ぶりに減少した。政府が脱炭素と環境対策の取り組みを本格化させる中、二酸化炭素の排出量が多い鉄鋼業界に生産の削減を命じたことで、年後半以降、粗鋼生産量が大幅に減少した。

 中国税関総署によると、21年の鉄鉱石輸入量は3.9%減の11億2400万トン。鉄鉱石を運ぶ大型ばら積み船のケープサイズの動向は、市況全体に与える影響が大きい。商船三井の担当者は「中国の輸送需要鈍化の影響が一定程度あったほか、滞船解消の進展による船腹供給の増加、豪雨被害を受けたブラジルの鉄鉱石出荷の不調も響いた」と分析する。

 ◇1~3月の用船料は大幅下落予想

 今後のばら積み船市況も中国の動向がカギを握る。国際通貨基金(IMF)は、最新の経済予測で、中国の22年の実質経済成長率を4.8%とし、21年の8.1%から大きく減速すると見通した。厳しい移動制限などを課す「ゼロコロナ」政策が成長の足かせとなり、不動産開発大手の中国恒大集団の経営危機を受け、住宅販売の不振が顕著になっている。鉄鋼需要の陰りは、粗鋼生産の先行きに不透明感を募らせている。

 供給面からは、2~3月にかけて鉄鉱石の主要輸出国であるブラジルで豪雨、オーストラリアでサイクロンが発生する可能性があり、鉄鉱石の出荷減少が予想されている。

 日本郵船などの国内海運大手各社は、ケープサイズの1日当たりのスポット用船料(世界主要5航路平均)について、4万2000ドル台(実績値)と高騰した昨年10~12月から、1~3月は1万6000ドル台前後と大幅な値下がりを見込んでいる。

 ◇海上の滞船状況依然続く

 一方、海上物流の逼迫(ひっぱく)は長期化している。主要国では、沖合で入港を待つ船の渋滞は、昨年秋のピークからは緩和されたが、滞船状況は今も続いている。調査会社トランプデータサービスの海老原良社長は「中国でも1月下旬以降、荷揚げ作業の効率は上がったが、船員交代などで制限が継続しており、滞船解消のめどは見えてこない」と指摘する。新型コロナの感染拡大を抑え込むため、中国が港湾での検疫強化措置などを継続する限り、サプライチェーン(供給網)への影響は続き、ばら積み船市況を下支える要因となりそうだ。

 中国で消費や投資などの内需が弱まる中、景気停滞への政策対応に関心が集まる。秋に5年に1度の共産党大会の開催を控え、指導部の求心力維持には経済の安定が不可欠だ。資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は「粗鋼生産削減の調整など、景気後退を抑えるための下支え策を打ち出してくることが予想される」と話す。不動産業界への締め付けやハイテク企業への規制強化など対する政府の対応が注目される。

 世界経済の正常化にはなお時間がかかるが、脱炭素経済への歩みは止まりそうにない。ばら積み船市況も「温室効果ガス削減機運の世界的な高まり」(商船三井)が、今後を左右しそうだ。特に中国が経済成長と温暖化対策の均衡をどう図っていくかが焦点となる。(小田・2月14日)
=============================================

本日もメルマガをご覧いただきありがとうございました。今週も寒い日が続きますね。体調に気を付けてお過ごしください。 春原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ