マーケットニュース

高級食パン景気指数が低下=脱「巣ごもり消費」の兆し?=

<2022年2月4日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
昨日は節分でした。節分の豆が好きで、毎年歳の数以上食べてしまいます。幼いころは食べ過ぎて夕食がお腹に入らず、よく叱られていたのを思い出しました。
それでは本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
高級食パン景気指数が低下=脱「巣ごもり消費」の兆し?=

時事時事

 2月に入り、今年も「ヤマザキ春のパン祭り」のCMが流れはじめました。パンの包装パックに付いているポイントシールを集めて絵柄の入った平皿などと交換する仕組みです。山崎製パンによると、今年で42年目で、ここ数年は年1400万枚前後のお皿が贈呈されました。熱心なファンは多く、インターネット上で「春を告げる日本三大祭りの一つ」とまで書かれているほどです。

 そんなパン業界にちょっとした異変が訪れています。一大ブームとなっている高級食パンの売れ行きに陰りが見られるというのです。大和証券シニアエコノミストの末廣徹さんは消費動向を知る手掛かりとして「高級食パン景気指数」を独自に開発し、ウオッチを続けています。この指数は家計調査から割り出した食パンの単価を消費者物価指数で割り、食パン市場全体に占める高級食パンのシェアを示すものです。

 高級食パンは2017年ごろから人気が出始め、ブームの火付け役とされる乃が美は47都道府県への出店を果たしています。息の長いブームでしたが、昨年10月ごろから急速に勢いがなくなったといいます。20年を100とする指数は21年5月に107.7のピークを付けた後、昨年11月は100.6に低下しています。末廣さんは「プチぜいたくマインドの低下と巣ごもり消費の一巡」と原因を推測しています。

 高級品の売れ行き鈍化に不安を感じてしまいますが、末廣さんは「悪い話とは言いきれません」と言います。「家庭で高級品を楽しむことと外食は両立しません。高級食パン景気指数の低下は巣ごもり消費から対面サービスへの移行を示している可能性があります」と、長引く新型コロナ禍での消費行動の変化を指摘します。もし、1月以降に高級食パン指数が再び上昇すれば、オミクロン株の感染拡大で消費のトレンドが「巣ごもり」に逆戻りした傍証になりそうです。

 末廣さんによれば、高級食パン以外にも、豚肉・牛肉、アジ・マグロの家計購入額の割合も個人消費の動向を知る手掛かりとして有用だそうです。単価の高い牛肉やマグロの割合が増えれば、消費好調のサインというわけです。スーパーの食品売り場には、経済を見通すヒントが陳列されているのですね。(JFSメールマガジン編集長・伊藤幸二)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。素敵な週末をお過ごしください。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ