マーケットニュース

ロシア侵攻ならWTI10ドル以上急伸も ニッセイ基礎研・上野氏インタビュー

<2022年2月1日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の松田莉奈です。
近所のクリーニング屋で会員カードを更新したら、半額券をもらいました。冬物を出す時に使おうと取っておいたら、期限が切れてしまい、少し落ち込んだ今日この頃です。
それでは、本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/01/31 15:26

〔インタビュー〕WTI、ロシア侵攻なら10ドル以上急伸=ニッセイ基礎研・上野氏

AFP時事AFP時事

 ウクライナ情勢の緊迫の度合いが増している。ロシアが軍事侵攻に踏み切った場合、欧州でエネルギー危機に陥る可能性が高まり、ニューヨーク原油(WTI)先物相場が急伸する事態が見込まれる。ニッセイ基礎研究所の上野剛志上席エコノミストは「侵攻した場合、エネルギーの供給不安が過熱し、WTIは1バレル当たり10ドル以上、上昇する恐れがある」と予想する。

 ―侵攻はあるのか。

 可能性は低いとみている。ロシアの目的は初めから、ウクライナの大西洋条約機構(NATO)への加盟阻止で、占領が目的ならば、ウクライナ側が準備を整える前に奇襲することもできた。ただ、米国などとの交渉で確約が得られなければ、侵攻も選択肢になる。

 ―原油需給への影響は。

 ロシアの侵攻に備え、欧米諸国は経済制裁を警告する一方、ロシアも報復としてエネルギーの輸出停止をちらつかせている。制裁や報復が発動され、ロシアからの原油・天然ガスの輸出が困難になれば、WTIは5~10ドルの上昇があってもおかしくない。実際に輸出の停滞が確認されれば、さらに上昇幅を広げるだろう。

 ―株式や為替市場への影響は。

 侵攻すれば当然、世界的な株安やリスクオフの流れが強まる。また、有事のドル買いと地域的なユーロ売りが重なってドル高・ユーロ安が進み、商品の割高感が高まる。それでも、原油の供給懸念が株安やドル高による下落要因の影響を上回りそうだ。

 ―軍事的緊張の決着は。

 ロシアが安全保障と経済のどちらを選ぶかは分からず、交渉の落としどころは見えにくい。既に情報戦の様相を呈しており、両陣営とも本音では語っておらず、臆測を呼びやすくなっている。米国のベストシナリオは、制裁をにおわせて、国境近くに兵器を配置しないなど、弱腰とみられない程度の提案をロシアに受け入れてもらうことだが、プーチン大統領は満足しそうにない。

 ―米国の政治への影響は。

 ロシアが侵攻に踏み切った場合、制裁が甘ければバイデン米大統領は批判を浴びるし、強い制裁を行えば、エネルギー高に伴う物価上昇によって支持率が下がる。どちらに転んでも再選の障害になるだろう。(了)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。もう2月ですね。今月もよろしくお願いします。 松田

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ