マーケットニュース

新変異株で最後につまずいた「ウシ年」株相場ー22年、トラは千里を走るか

<2021年12月10日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原(すのはら)桃子です。
友人と新大久保に出かけました。比較的夜遅めの時間帯でしたが、あちこちのお店で行列が出来ていて駅周辺も人でごった返していました。運よく人気のレストランに入店出来て、サムギョプサルを堪能してきました。韓国スーパーでのお買い物も満喫し、つかの間の異国気分を味わえました。
それでは、本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
新変異株で最後につまずいた「ウシ年」株相場ー22年、トラは千里を走るか

AFP時事AFP時事

 株式市場では年末恒例となっている干支と株価を結び付ける相場格言の紹介です。

 「辰巳天井、午(ウマ)尻下がり、未(ヒツジ)は 辛抱、申酉(サルトリ)騒ぎ、戌(イヌ)笑い、亥固 まる。子は繁盛、丑(ウシ)つまずき、寅(トラ)千里を走り、 卯跳ねる」と言われます。辰年と巳年は株価が天井となるように上昇するが、ウマ年は下げ相場になるといった格言です。

 日経平均株価がバブル後最高値を付けた今年は、「つまずく」とされるウシ年です。好調だった株式相場ですが、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現で年の最後につまずいた格好です。日経平均株価は12月3日、一時2万7588円と今年9月に付けたバブル後最高値を約3000円下回る水準まで下落しました。市場関係者の間では「やはり相場格言の通りか」との言葉が漏れました。

 では、トラ年の2022年はどうなるでしょうか。干支と相場の格言を検証してみました。用意したデータは戦後の東証再開翌年の1950年から今年12月8日までの日経平均です。年間の騰落率を調べると、「午(ウマ)尻下がり」の通り、ウマ年だけは前年比で唯一のマイナス。今年のウシ年は0.8%高と下から2番目の上昇率です。来年は「千里を走る」というトラ年。株価は高値に突っ走りそうですが、実は元ネタは「トラは千里を行き千里を戻る」なので、1年がかりで「行ってこい」の相場かもしれません。1950年から2010年の6回のトラ年の日経平均の上昇率は平均1.8%とほぼ横ばいです。

 干支の相場格言について、元いちよし証券アナリストで現役時代は投資家向けセミナーの人気講師として活躍した鈴木東陽氏(73)は「江戸時代の大阪・堂島の米相場が源流です」と教えてくれました。米と株という違いはあっても、市場価格から一定の変動パターンを探ろうとする投資家の気持ちに今昔はないようです。鈴木さんは「IT全盛で情報が複雑かつ高度化していくからこそ、相場格言のようなシンプルかつ分かりやすい言い伝えが残っているのでしょう」と話しています。

 新型コロナ禍や米国の金融緩和縮小、米中対立など2022年も不透明要因が並び、難しい相場が続きそうです。先行きが見えにくくなった時、干支の相場格言を思い出すとヒントが得られるかもしれません。(JFSメールマガジン編集長・伊藤幸二)

◆干支と日経平均騰落率と相場格言

干支 前年末比 相場格言
子  +22.5% 繁盛
丑  + 0.8% つまずく
寅  + 1.8% 千里を走る
卯  +16.4% はねる
辰  +28.0% 天井
巳  +13.4% 天井
午  - 5.0% 尻下がり
羊  + 7.9% 辛抱
申  + 8.8% 騒ぐ
酉  +15.7% 騒ぐ
戌  + 6.2% 笑う
亥  +16.5% 固まる
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただきありがとうございました。来週もどうぞよろしくお願いいたします。 春原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ