マーケットニュース

震災後10年で株価は3倍 実感乏しい回復・復興

<2021年3月12日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
自宅のクローゼットに入れっぱなしにしていた防災グッズをメンテナンスしました。賞味期限切れの食べ物や既に利用できないスマホ充電器などが出てきて、しばらく放置したままだったことを反省しました。普段から目の付きやすい場所に置くことも大事ですね。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
震災後10年で株価は3倍 実感乏しい回復・復興

空き地が目立つ、かさ上げされた高田地区=2月25日、岩手県陸前高田市
空き地が目立つ、かさ上げされた高田地区=2月25日、岩手県陸前高田市

 東日本大震災から10年が経ちました。地盤のかさ上げや交通網などの復旧は進みました。ラグビーワールドカップが釜石でも開催され、町に笑顔が広がったこともあります。しかし、津波や原発事故を機に故郷を離れた人たちが戻らない、戻れないことが深刻な課題になっています。

 熊本支局に勤務していた2016年、震度7の大地震を経験しました。停電で真っ暗な部屋の中、猛烈な揺れに耐えている間の恐怖は忘れられません。熊本城は大きく傷つき、阿蘇大橋は崩落しました。先週末、この橋の架け替えが完了したというニュースが届きました。発災から4年11カ月。損壊したインフラは時間とともに復旧します。

 大震災から10年を迎え、時事通信は各地の支局や政治、行政、経済、社会、運動を担当する記者がさまざな角度から多くの記事を執筆しました。どの記事もしっかり書き込まれています。経済関係の1本を紹介します。 

採録記事

復興予算、総額38兆円 インフラ再建、人口流出で誤算も―震災10年

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興のため、政府が計上した関連予算は2020年度まで10年間の累計で約38兆円に上る。防潮堤の再 …

 インフラの再建が進む一方、流出したまま戻らない住民。38兆円の巨費を投じた効果があったのは間違いありません。それでも課題は残ります。

 震災当時の日本経済は、リーマン・ショックの打撃が残る中、日経平均株価は1万円をやや上回る水準、1ドル=82円台。その後政権交代があり、第2次安倍政権のもとで大胆な金融緩和が打ち出されます。2015年4月には日経平均は2万円台、為替は1ドル=120円近辺まで円高是正が進みました。そして先月には3万円台回復です。10年で株価が3倍に上昇した割に高揚感が乏しいのは、被災地に巨額の財政資金が投じられても復興が実感できないとの声が少なくないことに似ています。

 政府が今月9日に決定した新たな復興基本方針には、福島にロボットやエネルギー、原子力災害対応などの先進的研究や人材育成を行う国際教育研究拠点の整備が盛り込まれました。資本市場や最先端のテクノロジーも活用して、被災地の「創造的復興」が進めば、より多くの人の実感を伴う形で地域が再生に向かうのではないでしょうか。そうあってほしいと思います。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。
来週から桜の開花も進みそうです。皆さん、楽しい週末をお過ごしください。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ