マーケットニュース

ワクチン接種遅れが円安要因に 日銀に追い風?

<2021年3月16日>

2021/03/10 11:51

〔金融観測〕政府の鈍いコロナ対応は日銀に追い風?=ワクチン接種遅れが円安要因に

新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種を受ける医療従事者=11日、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター
新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種を受ける医療従事者=11日、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター

 「脱コロナ」に向けた政府の鈍い対応が、むしろ日銀の政策運営に追い風となる可能性が出てきた。外為市場で、ワクチン接種で先行する米経済の正常化は「ドル高・円安を促す要因」(FX業者)と意識されるためだ。皮肉なことだが、日本のワクチン接種の遅れで経済正常化が後ずれするほど円安が進み、日銀にとって長期金利の変動幅拡大など副作用対策を講じやすくなる構図だ。

 足元の外為市場では、米長期金利の上昇一服を受けて一時1ドル=109円台に上昇したドル円も伸び悩む展開となっており、目先も「米長期金利は1.5%台で水準調整となり、ドル円も108円台で落ち着きどころを探る」(大手邦銀)とみられる。それでも、ドル高・円安の動きは再燃する公算が大きい。

 背景には、主要国の脱コロナに向けた対応の差が、為替相場に反映される状況が強まっていることがある。具体的には英国を含む欧米はワクチン接種で先行して経済の早期正常化が見込まれるのに対し、日本はコロナ感染を過度に恐れて緊急事態宣言を再発令。経済成長が下押しされ、ワクチン接種も遅い。対円を基準にすると、年初以降、ポンド、ユーロ、ドルのいずれも上昇基調が鮮明で、円が最弱通貨となった格好だ。

 唐鎌大輔・みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストは、このところの為替動向について、「ワクチン接種による経済の正常化が速いか遅いかが為替動向の鍵を握る展開になっている」と指摘。足元ではドル円の上昇は一服しているが、「日本は主要国で最もワクチン接種が遅く、円は売られやすい地合いが今後は強まるだろう」と予想する。

 ただ、皮肉なことでもあるが、円が安いことは政府・日銀にとっては好都合という側面がある。これまでデフレ脱却を目指す政府・日銀の障害となったのは円高だった。実際、菅首相も先月中旬の国会答弁で、経済指標で最も注視するのは「為替」と答えており、円高の動きを警戒する姿勢を崩していない。

 また、日銀は超低金利政策の副作用軽減を狙って長期金利の変動幅を拡大するかどうかを点検中だが、もっとも恐れるのは「変動幅拡大が引き締め措置と受け止められて円高が進むこと」(先の大手邦銀)とみられる。従って日本のコロナ対策が遅々として進まず、欧米が先行して正常化し、円の最弱通貨ぶりが鮮明になるのは「日銀にとって金利変動幅の拡大など政策余地を広げる」(同)と考えられる。(窪園博俊解説委員・3月10日)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ