マーケットニュース

日銀の政策点検 ベテラン記者が緻密に追う

<2021年3月19日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
今週は金融懇話会のリアル開催があり、オフラインならではの雰囲気を味わうことができました。久しぶりにお会いするお客様も多く、懇親会がないのが残念でした。今後はオンライン/オフライン双方の利点を活かした企画が出来ればいいなあと思います。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
日銀の政策点検 ベテラン記者が緻密に追う

金融政策決定会合を終えて、記者会見に臨む日銀の黒田東彦総裁=1月21日、東京都中央区[代表撮影]
金融政策決定会合を終えて、記者会見に臨む日銀の黒田東彦総裁=1月21日、東京都中央区[代表撮影]

 かつて日銀が操作する代表的な政策金利は「公定歩合」でした。報道各社は利上げ、利下げをスクープしようと激しい取材合戦を繰り広げていました。公定歩合の変更を抜いた大先輩から、日銀幹部との「禅問答」のようなやりとりを経て記事を書くまでの裏話を聞き、非常な感銘を受けたことが心に残っています。公定歩合は名称も変わり、政策金利ではなくなりましたが、経済記者にとって日銀の金融政策が極めて重要な取材テーマであることに変わりはありません。

 2018年7月、時事通信は日銀の金融政策変更を先取りする特ダネを配信しました。 

採録記事

独自:日銀、長期金利目標の柔軟化検討=一定程度の上昇容認

日銀が、大規模な金融緩和策で「0%程度」としている長期金利の誘導目標の柔軟化を検討することが20日、分かった。一定程度の金利上昇を容認する。 …

 「0%程度」としていた長期金利の誘導目標について、一定程度の金利上昇容認を検討していることを報じる内容です。市場関係者が驚くニュースで、マーケットに大きな影響を与えました。現在もこの時に決まった「0%プラスマイナス0.1%の倍程度」の状態が続いています。

 アベノミクスのスタートとともに始まった「異次元緩和」。コロナ禍もあり、超低金利政策は長期化し、金融機関の収益に大きな打撃が及ぶなど副作用が指摘されています。巨額のETF買い入れには、株価形成にゆがみを生じさせているとの批判も。このため日銀は昨年12月、金融政策を点検し、3月に結果を公表する方針を示しました。

 日銀取材が長いベテラン記者は、今回の局面でも先取り記事を連発しています。同時に「点検」をテーマに、検討課題となりそうな事項や想定される対応策を「金融観測」という深掘り記事で丹念に、緻密に、伝えてきました。これまでに7本を執筆しています。記者の考えや全般的な論点がよくわかる最近の記事を紹介します。 

採録記事

〔金融観測〕日銀政策点検をめぐる一考察=正副総裁発言を踏まえて

日銀の金融緩和策の「点検」をめぐる取材もいよいよ最終局面を迎えつつある。黒田東彦総裁の国会発言、雨宮正佳副総裁の講演を終え、点検のおおまかな …

 日銀が長期金利の変動幅を拡大するのかどうかなどを丁寧に解説しています。ETFの買い入れについては「めりはりを付ける」ことが盛り込まれる見込み。果たしてどのような結果が示されるのか。発表は本日。日銀総裁会見に注目です。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。
皆さん、素敵な週末をお過ごしください。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ