マーケットニュース

経済損失、7000億円=3回目の緊急事態宣言で民間試算

2021年04月23日 18時24分

新型コロナウイルス感染症対策本部で、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に緊急事態宣言の発令を表明する菅義偉首相(左から2人目)=23日、首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部で、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に緊急事態宣言の発令を表明する菅義偉首相(左から2人目)=23日、首相官邸

 政府による3回目の緊急事態宣言で、経済は一段の下押しを強いられそうだ。野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストは、経済損失を6990億円と試算。対象区域や期間は拡大する公算が大きく、悪影響が広がる恐れがあるとみている。

 木内氏は今回の東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に対する17日間の緊急事態宣言について、自粛要請などが飲食・小売店や宿泊・娯楽施設を含めて広範囲に及び、経済活動を強く抑制すると分析。「零細企業を中心に倒産や廃業が広がり、雇用も悪化する可能性が高い」と予想した。

 一方、宣言対象に神奈川、千葉、埼玉の3県が加わり、期間が2カ月に及ベば、経済の押し下げは3兆8640億円に膨らむと見込んだ。対象拡大による打撃は避けられず、4~6月期の実質GDP(国内総生産)が前期比で2四半期連続のマイナスに陥るリスクもあるとしている。(了)

関連記事一覧

緊急事態宣言

新型コロナウイルス対策の特別措置法32条に基づく措置。コロナのような感染症が「全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を …

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に