マーケットニュース

今は昔の「小説兜町」 証券界に求められるもの

<2021年6月4日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
早いものでもう6月です。マスクで外歩きをしているとだいぶ蒸し暑さを感じるようになり、この一週間毎日スイカを食べ続けています。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
今は昔の「小説兜町」 証券界に求められるもの

東京証券取引所の場立ち風景(1988年5月、東京・中央区日本橋兜町)
東京証券取引所の場立ち風景(1988年5月、東京・中央区日本橋兜町)

 経済小説の名手、清水一行さんのデビュー作「小説兜町(しま)」。最近、数十年ぶりに読み返しました。昭和30年代の「岩戸景気」で賑わった頃が舞台の話で、相場操縦やインサイダーなど今の法律に照らすと完全にアウトの世界。とはいえ、すさまじい熱気で兜町を駆け抜けた主人公の成功と挫折は読み応え十分です。証券担当として記者生活を始めたバブル絶頂期の兜町には、まだこの小説が描いた雰囲気の余韻が残っていました。大手証券が君臨する一方、「地場」と呼ばれる中小証券もそれぞれに存在感がありました。

 当時、大手の幹部が熱い口調で、最も大事にしているのは「GNN」だと語っていたのを思い出します。「DNA」の間違いではないかと確認すると、「義理、人情、浪花節」。得意先と2次会、3次会、4次会のはしご酒に、冠婚葬祭から引っ越しの手伝いまで。三度笠に合羽の旅人姿で持ち歌を披露する大幹部をはじめ、伝説を誇る猛者は数知れず。


 そんな兜町の雰囲気が大きく変わったのは、立会取引の全面的な廃止に加え、株式売買委託手数料の自由化とインターネットの普及がきっかけです。どこの証券会社に注文を出しても手数料が同じなら、人間関係や長年の付き合いが物を言います。しかし、手数料が完全に自由化され、極めて安い手数料を打ち出したネット証券が個人投資家の取引を一気に獲得。大手も中小も多くの顧客を失いました。

 昔も今も株式市場は「欲望と恐怖」が支配する世界。小説兜町から連綿と続く部分は残っています。大きく異なるのは、投資初心者の参入が増え、以下の記事が指摘しているように、取引所や証券会社はこれまでとは違う対応が求められているところでしょう。 

採録記事

〔証券情報〕東証、レバレッジ型商品をETF除外へ=投資初心者を保護

東京証券取引所は、日経平均株価などに連動する上場投資信託(ETF)のうち、「レバレッジ型」や「インバース型」といった高リスク商品をETFの分 …

 株式投資も活用しながら若年層の「長期の資産形成」をしっかりサポートすることが、今後ますます重要になってきます。この記事で強調されている「顧客本位の業務運営」をどう見いだしていくか。古くて新しい課題です。長く目標に掲げられながら未だに実現できない「貯蓄から投資」に向けて、現代版の「GNN」を徹底したところが投資家の強い支持を集めるのだと思います。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。来週もどうぞよろしくお願いいたします。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ