マーケットニュース

どうなる丑年相場 「つまずき」それとも「ブル」?

<2020年12月18日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
先日久しぶりに自転車に乗ったらコートの裾がチェーンに巻き込まれ、転びそうになりました。コートも油でギトギトに汚れてしまいショックでしたが、パワフルな洗剤を試したら何とかきれいになりました。諦めないでよかったです。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
どうなる丑年相場 「つまずき」それとも「ブル」?

時事時事

 今年も残すところ2週間。時事通信は今週、2020年の10大ニュースを発表しました。国内・海外部門ともにトップはもちろん新型コロナ。想定もしなかった感染症の猛威に翻弄された1年でした。年初のメールマガジンでは「子年」の相場格言が「繁盛」で株価上昇が期待できる一方、最近は2008年のリーマン・ショックなど波乱に見舞われることが多いと書きました。実際、コロナによる大荒れの展開を経て、NYダウが史上初の3万ドルに乗せ、日経平均株価もバブル後最高値を更新。繁盛とは程遠い状況とはいえ、株価だけを見ると格言通りと言えなくもありません。

 来年の「丑」は、相場格言によると「つまずき」。これまでの年間騰落率でも丑年は十二支の中でワースト2位だそうです。世界各地でワクチン接種が始まり、経済活動の本格的な再開を大いに期待したいところですが、株価上昇の動きは鈍化するのでしょうか。

採録記事

〔証券情報〕芽生えても、伸び悩む?=えとで見る今年と来年の相場

2021年は丑(うし)年。丑の文字は、腕や植物の芽が伸び切らない様子を表すとされる。新型コロナウイルスの世界的な流行を経て、新たな生活様式に …

 年末恒例の干支と相場の関係を解説する記事。「丑」という字は「腕や植物の芽が伸び切らない様子」を表しているそうです。過去の丑年相場の出来事を振り返った上で、「子年と同様、波乱含みとみたほうがよさそうだ」と指摘。景気回復が進むと金融緩和政策の「出口」がどうなるかも気になります。 一方、英語では強気相場が「ブル」、弱気は「ベア」。ブルは雄牛が勢いよく角を振り上げる姿が上昇相場のイメージと重なり、ベアは熊が前足を振り下ろす仕草に由来するとか。ウォール街を象徴する「チャージング・ブル」(突撃する雄牛)の銅像を思い浮かべる方も多いでしょう。

 文字通りブル相場になるとの見方は少なくありません。市場関係者の株価見通しでは、日経平均が3万円に迫るといった強気の予測が目立ちます。社会活動の正常化に加え、予定通り東京五輪が開催されればインバウンドが増える。脱炭素やデジタル化の推進による経済活性化の期待も。「丑年」と「ブル」を結びつけるのは無理があると分かったうえで、さらに付け足すと牛は「カウ=買う」。まだ言うか、という声も聞こえてきそうですが、明るい2021年を祈る思いを汲み取っていただければ幸いです。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。今年も残すところあと2週間ですね。来週もどうぞよろしくお願いいたします。 春原(すのはら)

関連記事一覧

日経平均株価

2021年2月15日、日経平均は1990年8月以来30年半ぶりに3万円の大台を回復した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が大打撃を受け …

関連記事一覧

資産バブル

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済は大打撃を受けた。この危機に対応するため各国の政府・中央銀行は大規模な財政出動や金融緩和を …

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ