マーケットニュース

〔インサイト〕上海銅、一時8週ぶり安値=春節控え需要懸念(3日)

2021年02月03日 17時54分

AFP時事AFP時事

 3日の上海先物取引所の銅相場は一時8週間ぶりの安値に沈んだ。欧州時間3日朝のロンドン金属取引所(LME)でも、銅が下落。中国の春節(旧正月)の休暇シーズンを控え、需要をめぐる懸念が広がった。

 上海先物取引所の銅中心限月は、一時1.3%安の1トン=5万6860元(8804.31ドル)まで下落し、昨年12月9日以来の安値を付けた。終値は1.1%安の5万7000元。

 LME銅3カ月物は、0741GMT(日本時間午後4時41分)時点で、0.5%安の1トン=7742ドル。

 ANZはリポートで「銅相場は逆風にさらされている。北京の一部地域のロックダウン(都市封鎖)で需要に影響があるとの懸念が広がったほか、春節前後は通常、季節的に需要が減速する」と分析した。(ロイター時事)

〔インサイト〕について
海外市場における金と銅など非鉄金属の現物取引を解説する市況記事です。毎日夕方に金、銅それぞれの記事を配信しています。

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に