企業トップ、コロナ危機「克服を」=異例の「ウェブ入社式」

<2020年4月3日>

2020/04/01 18:28

 

入社式であいさつするコニカミノルタの山名昌衛社長(左上)。新型コロナウイルス感染防止のため、新入社員の間隔をあけて行われた=1日午前、東京都千代田区入社式であいさつするコニカミノルタの山名昌衛社長(左上)。新型コロナウイルス感染防止のため、新入社員の間隔をあけて行われた=1日午前、東京都千代田区

 多くの企業が1日、新入社員を迎え入れた。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、幹部らも一堂に会する入社式の中止が続出。代わりにインターネットを活用した異例の「ウェブ入社式」などで、経営トップはコロナ危機をともに乗り越えていこうとメッセージを届けた。

 入社式を中止したトヨタ自動車は自社運営のネット媒体「トヨタイムズ」で、昨年現役を引退した元米大リーグのイチロー氏のメッセージを新入社員に配信。毎年のように打撃フォームを変えて試行錯誤した自らの経験に触れて「(自動車会社から)モビリティーカンパニーを目指し、変わろうとしているトヨタ。どんな会社になるのか皆さんの挑戦が楽しみだ」とエールを送った。

 入社式を中止した多くの企業はネットなどで社長の訓示を伝えた。新型コロナまん延で旅客需要が落ち込むANAホールディングスの片野坂真哉社長は「東日本大震災など多くの危機に見舞われたが乗り越えてきた。今、目の前の危機を乗り越える一員として仲間入りした」と訓示。三菱重工業の泉沢清次社長も「こういう時代だからこそぶれない軸を持たなければならない」と強調した。

 一方、かんぽ生命保険の不正販売に揺れる日本郵政の増田寛也社長は「お客さまの生活全体を支える存在となってほしい」と訴えた。

入社式を中止する代わりに、出社した新入社員を出迎える伊藤忠商事の岡藤正広会長(右)と鈴木善久社長=1日、東京都港区入社式を中止する代わりに、出社した新入社員を出迎える伊藤忠商事の岡藤正広会長(右)と鈴木善久社長=1日、東京都港区

 

 伊藤忠商事では入社式の代わりに、東京都港区の本社玄関ホールで、岡藤正広会長と鈴木善久社長が新入社員を出迎えた。サプライズ企画で、レッドカーペットを敷いた満開の桜の前を新入社員が続々と出社。発案者の岡藤会長は「世の中は今暗いが、(入社を)精いっぱい祝いたかった」と語った。

 社長が新入社員一人ひとりに言葉を掛ける「個別入社式」という形を取ったのはリコー。新入社員はばらばらの時間に出社し、一人ずつホールに呼ばれて社長から激励の言葉を受けた。 (了)