マーケットニュース

来年は「デジタル五輪」で盛り上げる

<2020年7月17日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
先日、駅の長いエスカレーターを上がろうとしたところ、酔っぱらった女性がだんご虫のように身体を丸めた状態で上から転げ落ちてきました。奇跡的に誰とも衝突せず、転げ落ちた後、本人も何事もなかったかのようにエスカレーターを駆け上がっていきましたが、久しぶりにヒヤッとしました。通勤時も身の安全には注意したいですね。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
来年は「デジタル五輪」で盛り上げる

EPA時事
EPA時事

 本来なら来週の今ごろは、東京オリンピックの開会式。大いに盛り上げっていたはずなのに…とコロナを恨んでタラレバを重ねても仕方ありません。来年は無事に開幕できるのかと今から思い悩むのも生産的とは言えず。ではどうするか。ウィズ・コロナの発想で東京五輪・パラリンピックを位置づけ直すべきだと思います。

 プロ野球もサッカー・Jリーグも観客を入れた試合が再び始まり、政府はイベントの制限を緩和しました。球場やスタジアムを訪れたファンの笑顔を映し出すニュースを見ていると、スポーツをリアルに楽しめることのありがたさを感じます。とはいえ、今後1年で従来通りにスポーツ観戦できる環境が実現するのかどうかは極めて不透明です。

採録記事

イベント緩和、専門家も賛否=感染状況の見極めを―「社会成り立たず」・新型コロナ

 東京都内の新型コロナウイルス新規感染者は10日、過去最多の243人に上り、2日連続で200人を超えた。同日にはイベントの開催制限も緩和され …

 東京都の新規感染者が再び大幅に拡大し、世界を見渡してもウイルスの勢いは収まっていません。記事で紹介しているように、イベントなどの制限緩和に慎重な意見があることはもっともな話で、この記事の配信後、政府は「Go To トラベル」キャンペーンの対象から東京発着の除外を決定。一方、先の都知事選では、五輪のさらなる延期や中止を訴える候補者もいる中で、小池百合子さんが「簡素化」して開催する方針を掲げ、圧勝しました。

 簡素化という表現が気になります。そうした方針で盛り上がるのか疑問です。ここは発想を転換して、最初からリアルとデジタルの融合を前提にした大会にすることを企画してはどうでしょうか。以前のままの大会運営を基本に感染防止策を組み込むという方法ではなく、ネットでの観戦を前提にデジタル技術を駆使して大会や日本各地の盛り上げ方を考えるのです。

 放映権の関係もあり簡単ではないかもしれません。しかし、さまざま技術やアイデアを活用して新しい五輪の形を日本が創造するのは夢があります。日本経済にもプラスの効果をもたらすはず。国内企業はもちろん、アップルやマイクロソフト、フェイスブック、グーグルなど世界の大手IT企業とも連携する。五輪まで1年、準備のための時間は多くはありません。「デジタル五輪」を必ず成功させるという信念で智恵を絞れば、道は開けると信じます。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。来週24日は祝日のためメルマガは休載いたします。それでは素敵な週末をお過ごしください。 春原(すのはら)