マーケットニュース

アジアの巣ごもり需要増で米国産牛肉国内価格7年ぶりの高値

<2021年9月14日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原(すのはら)桃子です。
家電量販店に行く用事があり久しぶりに足を踏み入れた途端、最新家電の数々に目を奪われ、買い替えたくなる衝動に駆られてしまいました。ネットショッピングとは違う楽しさを思い出しました。それでは本日の記事をご覧ください。

=============================================
2021/09/13 08:59

〔商品ウオッチ〕米輸入牛肉、7年ぶり高値=アジアの巣ごもり需要増が影響

EPA時事
EPA時事

 米国産輸入牛肉の国内価格が約7年ぶりの高値となっている。主に牛丼や焼き肉に使用されるショートプレート(バラ肉)と呼ばれる部位で、値頃な価格帯のため日本では人気が高い。背景にはアジア各国との激しい調達競争があり、中国の米産牛肉の輸入量は前年比で10倍を超えた。コロナ禍での巣ごもり消費の多様化は、アジアの食肉需要を刺激しており、国際市場での日本の「買い負け」を懸念する声もある。

 ◇米産バラ肉、前年比8割高

 農畜産業振興機構の調べでは、7月の米産バラ肉の卸売価格はキロ当たり1130円と前年同月に比べ8割高い。直近5年間は600~700円台が中心だったが、春先から上昇に転じた。1000円台は2014年以来の高値水準だ。

 アジアで米産牛肉の輸入が増加している。米国食肉輸出連合会によると、1~7月の合計輸入量は、中国が前年同期比10.7倍の9万3536トンと急増、韓国は1%増の16万2086トン、インドネシアが50%増、フィリピンは17%増だった。これに対し、日本は5%減の15万1232トンと、アジアの主要輸入国の中で減少した。

 観光や外食自粛で日常生活が制限され、家庭での食事を楽しむ風潮が広がっている。中国や韓国は従来ウデやモモの輸入が多かったが、コロナの長期化に伴い、食材への関心も多様化。これまで食べてこなかったバラ肉にもアジア勢が食指を動かしており、主な買い手は日本だけではなくなってきた。

 市場関係者は「家で食べるなら、高価なロースよりも安くておいしいバラを買い求めるのは日本も中韓も同じ。そうした大きな需要を賄う余裕があるのは米国しかなく、競争が激しくなれば、日本の立場は厳しくなるだろう」(食肉業界団体幹部)と話す。

 ◇コロナ禍で財布のひも固い

 一方、日本国内の足元の食肉消費の動きは底堅い。農水省の統計では、4~6月の消費量は、牛肉が前年同期比1.0%減、豚肉は1.4%増となり、鶏肉は1~6月の比較で2.2%増だった。巣ごもり消費は、前年に比べ落ち着きつつあるが、廉価で調理しやすい豚や鶏は、内食を中心に人気は根強い。価格面では、米産牛バラ肉の高騰が他の部位や豚・鶏に影響を与えておらず、全般に安定しているという。

 とはいえ、大手食肉メーカーの関係者は「流通を見る限り、消費者の財布のひもは固く、食への出費を増やすまでにはまだ時間がかかる」と話す。コロナの収束時期の見通しが立たない不透明な情勢だけに、家計の防衛意識は依然強いと言えそうだ。

 ◇落ち込み続く外食産業

 内食とは対照的に、外食産業は落ち込みが続いている。日本フードサービス協会によると、7月の外食産業全体の売上高は前年同月比2.1%増だった。だが、好調なファストフードの宅配などを除くと、ファミリーレストランが6.5%、パブ・居酒屋は38.5%それぞれ減少し、コロナ禍1年目の前年より悪化した。特に、焼き肉やステーキなどの外食向け需要の割合が高い牛肉は、外食産業の低迷の影響を受けやすい。

 既に年末年始の商戦が始まったが、今年も盛り上がりを欠いているという。高水準で推移するコロナ感染者数やワクチン接種遅れは経済再開への足かせとなり、消費マインドの冷え込みが懸念される。「忘年会、新年会シーズンに向け、消費の回復が間に合うかどうか見えてこない」(日本フードサービス協会)ともいわれ、デフレ経済下で個人消費が伸び悩む日本市場は、内外で厳しい局面に立たされている。<小田・9月13日>
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただきありがとうございました。金曜日の配信もどうぞお楽しみに! 春原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ