マーケットニュース

市場が見つめる「実務家」首相のワクチン対応

<2021年1月22日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
外食の機会が減っていることを理由にして、ついついネットで色んなお取り寄せをしてしまい、冷凍庫がいっぱいです。それだけで何となく幸せな気分になります。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
市場が見つめる「実務家」首相のワクチン対応

衆院本会議で公明党の石井啓一幹事長の質問に答弁する菅義偉首相=21日、国会内
衆院本会議で公明党の石井啓一幹事長の質問に答弁する菅義偉首相=21日、国会内

 新型コロナの感染拡大が収まらない中、今週、日本では通常国会が始まり、米国ではバイデン政権が発足しました。言うまでもなく両国ともに中心課題はコロナ対策です。昨年11月に製薬会社が有効性の高いワクチン開発に成功したと相次いで発表した時の大きな感動をマーケットはほぼ織り込み、足元では接種が順調に進まないことへの懸念が強まっています。菅首相に元気がないのも気になります。

 「コロナ対策と経済の両立」を掲げ、デジタル化・脱炭素を成長戦略の柱に据えた菅首相。昨年末からの感染者急増と内閣支持率の大幅な落ち込みで「感染収束優先」に方針転換したと言われます。施政方針演説やその後の代表質問を聞いていると「両立」はトーンダウン。「感染拡大を食い止める決意」を強調しました。 

採録記事

〔潮流底流〕菅首相、政権浮揚へ正念場=野党対決色、先行き不透明―国会開幕

緊急事態宣言下で通常国会が開幕した。昨年9月の発足時は高支持率でスタートした菅内閣だが、新型コロナウイルス対応への不満が政権批判につながり支 …

 時事通信が配信した施政方針演説の背景を解説する記事では、首相周辺の話として「コロナ対策がうまくいかず、肉体的にも精神的にも疲労している」と紹介。政権は早くも正念場を迎えたと指摘しています。相手は人間の意のままにはならないウイルス。首相でなくても心がへし折られる状況です。「言葉に力がない」「熱意が伝わらない」「言い間違いが多過ぎる」ー首相へのこうした批判も少なくありません。

 激増する感染者、下がる支持率。元気もなくなります。ただ、コロナをめぐる厳しい状況はどの国も同じ。米国ではワクチン接種が大幅に遅れ、感染者数は日本とは桁違いの多さです。メルケル首相の言葉には力があると賞賛されているものの、ドイツではロックダウンの延長が続いています。

 政権トップの発信力の強さは非常に重要なことではありますが、コロナに関する限り、対策の決め手はワクチン接種です。欧米などに比べて遅れが目立つ日本。「実務家」を自認する首相が先頭に立って、しっかりした接種体制をできる限り早く整備することが肝要であり、できるはずだと思います。接種が順調に進まない事態になると、政権の存立にも関わる大問題になりかねません。マーケットはバイデン政権誕生を祝福する一方で、冷徹にワクチン接種の進み具合を見つめています。
==============================

編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。寒い毎日が続きますが、少しずつ日が長くなっているのを感じます。皆様、どうぞお身体に気を付けてお過ごしください。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ