マーケットニュース

FOMCの見どころ

<2022年7月26日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の森本こずえです。
当たり付き自販機で、続けて当たりが出ました。以前、母が「私はよく当たりが出る」と言っていたので、私も受け継いだのかもしれません。当選すると嬉しい反面、人が振り返るほど大きな音が鳴り自販機が光るので、2本目をもらったら素早くその場を離れることにしています。
それでは本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/07/25 13:09

〔FOMCの見どころ〕米経済はなおも強いのか=年内どこまで利上げ?

AFP時事AFP時事

 【ワシントン時事=高岡秀一郎】米連邦準備制度理事会(FRB)は26、27の両日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。6月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比9.1%上昇と、約40年半ぶりの高い伸びとなり、一時FRBが1.00%の超大幅利上げに踏み切るとの観測が急浮上した。

 もっとも、「CPIショック」後はことさら強い指標も公表されず、FRB高官らも「0.75%利上げがわたしの基本ケース」(ウォラー理事)など、1.00%にそれほど前向きではないことを示唆。かくして1.00%観測は急速にしぼみ、2会合連続での0.75%引き上げ予想が今では市場において大勢を占める。

 パウエル議長は6月の前回FOMC後の記者会見で「0.75%利上げは異例の大きさで、こうした規模の動きを一般的とは見なしていない」と語っている。なおさら一般的ではない動きを行い、市場にわざわざ「サプライズ」をもたらすことはしないだろう。

 FRBはインフレ圧力がピークとなるはずの2022年、いったいどこまで利上げするのか、なおも米経済が「非常に強い」と確信しているのかなど、FOMC後のパウエル氏会見の見どころはいつも通り多い。

 ◇次回利上げ幅、予告あるか

 おそらく利上げペースについては、「経済指標次第」で「会合ごとに決める」とのスタンスは変えないだろう。ただ、前回FOMC後会見のように、「0.5%か0.75%」といった感じで具体的な上げ幅を予告するかどうか。

 利上げペースには、FRBが22年内にどこまで政策金利を引き上げるかとの「水準感」が関わってくる。ちなみに、現在FOMC内では利上げに積極的な「タカ派」とされるセントルイス連邦準備銀行のブラード総裁がCPIを受け、「年末までに3.75~4.00%まで引き上げる必要がある」と発言している。これまでブラード氏は、3.5%程度への利上げを主張していた。

 パウエル氏は6月の会見で、FOMC参加者の政策金利見通し(ドット・プロット)を踏まえ、年末までに3~3.5%という「やや景気抑制的な水準」への引き上げが参加者の間で幅広く見込まれていると言及していた。ドット・プロットがないだけに、FOMC内の「水準感」の変化はパウエル氏の発言から読み取るしかない。

 ◇需要はまだ過熱?

 パウエル氏が「米経済は非常に強い」との見解を維持するかも、興味深いところだ。特に、FRBが急ピッチな利上げを進める根拠となっている「需要はなおも非常に過熱している」といった、6月会見での認識を改めて示すかも気になる。

 確かに労働需要は強い。6月の非農業部門就業者数は季節調整済みで前月比37万2000人増。年末年始ごろの平均で月60万人増からペースダウンしているとはいえ、堅調な水準だ。失業者1人に対し、求人が約2件ある状況も変わりない。

 一方で、個人消費には一部で陰りが見える。5月の個人消費支出は前月比0.2%増にとどまった。2カ月連続の減速で、国際通貨基金(IMF)が7月、米国の国内総生産(GDP)伸び率予想を大きく下方修正した要因の一つとなった。

 FRBの急ピッチな引き締めは、労働市場にはまだあまり効いていないようだが、住宅市場には効果てきめんとなっている。

 連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、30年固定型住宅ローン金利の週平均は直近で5.54%と、3%台を推移していた昨年末から急上昇。これを受け、米不動産業者協会(NAR)が発表した6月の中古住宅販売は5カ月連続で減少するなど、住宅関連の指標は軒並み崩れつつある。

 ただ、住宅供給が減っていることで、中古住宅販売価格の中央値は41万6000ドルと、過去最高を更新。持ち家をあきらめる人が増え、賃貸市場がさらに過熱し、家賃の一段の上昇も懸念される。

 CPIにおける家賃の構成比率は約3割にも及ぶ。家賃の急上昇は、CPIの歴史的な高い伸びの「演出」に一役買っている。FRBにとって、こんな形での住宅市場冷え込みは頭の痛いところだろう。(了)
=============================================

本日もメールマガジンを読んでいただきありがとうございました。毎日暑いですが、水分補給をして素敵な1週間をお過ごしください。 森本

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ