マーケットニュース

窪園解説委員による日銀総裁会見解説

<2022年7月22日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
以前はまっていた都道府県アンテナショップ巡りが再燃しています。先日は滋賀県、長崎県、高知県、沖縄県のアンテナショップをはしごしました。ご当地の品物を買いながら、過去の旅行を回想したり、次の旅行計画を思案したりと楽しんでいます。
それでは本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/07/21 19:34

〔時事:日銀決定会合3つの視点〕矛盾した円安けん制を継続

金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田東彦総裁=21日午後、東京都中央区の日銀本店[代表撮影]金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田東彦総裁=21日午後、東京都中央区の日銀本店[代表撮影]

 日銀は21日の金融政策決定会合で現状維持を決めた。織り込み済みの結果で、会合直後のドル円は多少の上下動にとどまった。ただ、欧米中銀の利上げ路線が続く中、海外との金利差は拡大し、円安はなお進行する見通しだ。黒田総裁は記者会見で、円安を招く超緩和策を続けながらも「円安はマイナス」と矛盾したけん制姿勢を継続。こうした金融政策と為替政策の矛盾はいずれかの時点で解消を迫られる公算が大きい。

 ◆「円安はマイナス」とけん制

 前回の決定会合時点(先月17日)のドル円は1ドル=135円前後だったが、その後も円安は進展。今月中旬には140円近い水準まで円は売られた。会見で円安への評価を聞かれた黒田総裁は「経済にマイナスであり、望ましくない」とけん制した。黒田総裁が「マイナス」、「望ましくない」とみなすのは、あくまでも円安のスピードであり、円安自体を否定しているわけではない。

 ◆金融政策との矛盾は否めない

 ただ、わが国は変動相場制を採用しており、為替取引は自由に行われる。各国の金融政策との方向性の違いは「為替相場の大きな決定要因」(大手邦銀)で、欧米中銀が利上げを進める中、日銀が超緩和策を維持するのは「円安は市場に委ねられる」(同)わけだ。従って、金融政策として円安を促進するのに、そのスピードも含めて円安をけん制する行為は「矛盾している」(別な大手邦銀)と言わざるを得ない。

 ◆いずれ迫られる緩和修正

 日銀は「為替は金融政策の目標ではない」(黒田総裁)として円安のための緩和修正に否定的だ。実際、1998年施行の改正日銀法で金融政策の目標は「物価の安定」と定義され、為替を内包する「通貨の安定」ではない。だが、改正日銀法後の金融政策は為替(円高)に翻弄(ほんろう)され続けた。為替が鬼門なのは今後も変わらないだろう。円高ではなく、今度は円安のために緩和修正を迫られるとみられる。(窪園博俊解説委員)(了)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。素敵な週末をお過ごしください。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ