マーケットニュース

原油高の米国で注目を浴びるバイオ燃料

<2022年7月1日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の松田莉奈です。
猛暑日が続きますね。給料が入ったら、日焼け対策と暑さ対策のアイテムを手に入れようと、リサーチする日々です。おすすめがあれば教えてください。
それでは今週の記事をどうぞ。

=============================================
2022/06/30 10:21

〔特派員リポート〕バイオ燃料、ガソリン高で脚光=米政権の対策手段、企業には商機

AFP時事AFP時事

 夏を迎えドライブシーズンまっただ中の米国。車社会のこの国でガソリンの値段が高騰している。ロシアのウクライナ侵攻以降の原油高を主因として、全米ガソリン平均小売価格は6月に過去最高を記録。この水準では1年前の代金に6割上乗せを強いられる計算だ。新型コロナウイルス禍であきらめた旅行を実現させる「リベンジ旅行」需要も旺盛。当面の高止まりを予想する声も聞かれる中、植物由来のバイオエタノールが米政権、民間企業の両方から着目されている。

 ◇バイデン氏、選挙にらみ農業州入り

 「家計の負担軽減に向けて国産バイオ燃料が今こそ、その役割を担っている」。高調子で訴え、会場からは拍手がわき起こった。演説者はバイデン米大統領。4月12日に米中西部アイオワ州をわざわざ訪れ、エタノールを15%混ぜられる割安な燃料「E15」の通年利用を一時的に許可する方針を示した。

 訪問先はエタノールの原料になるトウモロコシの主産州。11月の中間選挙を前に、戦略石油備蓄放出にとどまらず、トウモロコシ需要拡大につながるこの措置も打ち出し、政権を悩ませる異例の高インフレに取り組む姿勢を強く印象付けようとした格好だ。

 米国では、国策としてカーボンニュートラルのエタノールが車の燃料の一部として広く普及する。日々のガソリン小売価格を公表する全米自動車協会(AAA)によると、最大10%のエタノールを混入したレギュラーガソリン平均価格は6月26日、1ガロン(約3.8リットル)当たり4.90ドル(約660円)と、5ドルを若干上回る最高値からは下げたものの、なお1年前の約1.6倍で推移する。

 一方、最大80%を超えるエタノールを含んだ「E85」の価格は4.18ドルと、この異常なインフレ下では多少のお得感は確かにある。ただし、E85の燃料はエンジントラブルを招かないよう「フレックス燃料車(FFV)」と呼ばれる対応車で原則利用可能だ。

 ◇価格、環境面売りに需要拡大狙う

 だが、FFVを購入しなくても変換装置をエンジンに取り付ければ、大部分の既存車がE85でも走り、価格メリットを享受できる。同装置を製造する2012年創業のフィンランド企業ステップワン・テックは、車の修理業者でなくても2時間程度で装着でき、最も安いタイプで約600ドル(約8万1000円)で済むと説明。環境対策に積極的なフランスでは変換装置普及により、E85の市場シェアが2、3年でほぼゼロから5%に拡大したという。同社は「国内の2億台超が装置を活用できる」と、米国を重要市場として位置付けている。

 米西部カリフォルニア州のピアソン・フューエルズもバイオ燃料に商機を見いだす。同社は02年創業ながらもエネルギー、環境当局の支援を受け、同州最大のE85供給業者に成長した。州内のE85を販売する給油所の場所を調べるアプリを開発し、利用者の利便性も向上。また、エタノールとガソリンを原料とする従来のE85ではなく、「エタノールと再生可能ナフサ」の組み合わせも既に販売する。将来的にはガソリンは使わず、バイオマス原料100%のE85のみを販売する方針で、環境意識の高い消費者を引きつけたい考えだ。

 運輸部門の温室効果ガス排出は今も止まることはない。電気自動車普及までの一つの選択肢として、バイオ燃料は世界的に存在感を保ち続ける見込みだ。(ニューヨーク総局 松岡謙三)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございました。みなさまごゆっくり良い週末をお過ごしください。 松田

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ