マーケットニュース

経済体温計、観測史上最高に?―日経平均の銘柄見直しで上昇か

<2022年6月28日>

こんにちは。JFSメルマガチームの林千晴です。
まだ6月だというのにひどく暑い日が続きますね。私のくだらない暑さ対策は、スマートフォンのお天気アプリに南半球のエリアを登録し、一桁台の気温を見て「寒っぶ」と思うこと。気持ちだけはメルボルンにいます。
それでは、本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
経済体温計、観測史上最高に?―日経平均の銘柄見直しで上昇か

AFP時事AFP時事

 群馬県伊勢崎市で25日の最高気温が40.2度と、6月としては観測史上初めて40度を超えました。気温を正確に測定できるからこそ、熱中症対策の呼びかけも説得力が増すものです。「日本経済の温度計」と呼ばれる日経平均株価も経済実態を正確に反映すべく、2年連続の見直しを控えています。

 日経平均は主要225社の株価で算出します。しかし、主力株と位置付けられながら日経平均に採用されていない銘柄がいくつもあり、日経平均の温度計としての精度を疑問視する声が絶えません。

 昨年7月、高単価の銘柄をスムーズに日経平均に採用できるように、株価調整係数の導入が決まりました。10月1日付の定期銘柄見直しでは時価6万円だったキーエンス株に0.1の株価調整係数をかけて6000円台に読み替えるなどの措置を適用し、同じく高株価の任天堂や村田製作所とともに日経平均に新規採用されています。

 今年は市場での取引の活発さを示す流動性の基準を売買株数から売買代金に改める素案が5月に示されました。市場関係者から募った意見を踏まえ、7月中に正式に決まる見通しです。

 SMBC日興証券の伊藤桂一チーフクオンツアナリストは「株価水準が高いほど流動性順位が上昇する」と予想しています。伊藤氏が新ルールによる流動性順位を試算したところ、ユニチカが756位、東洋紡(484位)、東邦亜鉛(481位)、日本軽金属ホールディングス(463位)など名門素材メーカーを中心に除外される可能性が高そうです。一方、日本電産(17位)やSMC(32位)、HOYA(37位)、オリエンタルランド(40位)、JAL(61位)、ルネサスエレクトロニクス(63位)は早期の採用が予想されています。

 モーター世界首位の日本電産や車載半導体が伸びているルネサスエレクトロニクス、インバウンド需要を取り込むオリエンタルランドなど中長期的な利益成長が期待される銘柄が採用候補に並んでいます。温度計の精度向上で、バブル最盛期の1989年12月に付けた日経平均の「観測史上最高」の更新が近づきそうです。(伊藤幸二・JFSメールマガジン編集長)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。なによりもこまめな水分補給と直射日光対策を万全に、無理なくお過ごしください。 林

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ