マーケットニュース

利上げで高まる米国景気後退リスク

<2022年6月17日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
よく利用する道で、濃い紫色の紫陽花が咲いていることに気づきました。薄い紫色はよく見かけるのですが、濃い紫色は初めて見ました。土壌のpHによって花の色が変わると言いますが、濃い紫色にするにはどのように育てるのでしょうか。品種が違うのでしょうか。
それでは本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/06/16 16:10

〔潮流底流〕米、景気後退リスク一段と=急速な利上げ背景に―高インフレ収まらず

AFP時事画像用description(画像はこの文字の先頭に挿入)。

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、通常の3倍となる0.75%の大幅利上げを決定した。1994年11月以来約27年半ぶりの上げ幅。歴史的な高インフレに収まる気配がない中、これ以上後手に回らないよう思い切った措置に踏み切った。ただ、急速な利上げに伴い、景気後退リスクは一段と高まっている。

 ◇失業率悪化を覚悟

 「インフレ率が(目標の)2%に向かう一方、失業率が4.1%なら上出来だ」。パウエルFRB議長は記者会見で、金融引き締めにより物価安定回復を図る際、ある程度の失業率上昇はやむを得ないと認めた。

 15日公表されたFOMC参加者の経済見通しでは、2024年末の失業率は4.1%と、現在の3.6%から上昇すると見込まれた。

 パウエル氏は「4.1%でも歴史的に見ればまだ低い」と強調する。しかし、「0.5ポイント超の失業率上昇には必ず本格的な景気後退が伴う」(前FRB高官)との悲観的な見方も多い。

 失業率悪化の見通しは、FRBの利上げペース加速によるところが大きい。パウエル氏は当初、今回の会合で0.5%の利上げを行う方針を示していた。

 だが10日発表された5月の米インフレ率は8.6%と、約40年半ぶりの高水準に跳ね上がった。「驚きの上振れ」(パウエル氏)を目の当たりにしたFRBは、インフレに歯止めがかからなくなることを恐れ、急きょ上げ幅を拡大した。

 ◇「軟着陸」難しく

 前回0.75%の利上げが行われた94年から95年初めにかけて、FRBは好景気を背景に計3%の大幅な金利引き上げを進めた。それでも、景気後退に陥ることはなく、インフレを制御できた「ソフトランディング(軟着陸)」の好例とされる。

 FRBは今年後半も0.5%超の利上げを含めた積極的な金融引き締めを続ける公算が大きい。ただ、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーや食料の国際相場高騰が米国内のインフレ加速につながっている側面があり、「軟着陸」の難度は94~95年当時よりはるかに高そうだ。

 パウエル氏は会見で「われわれが制御できない要因のため、雇用を維持しつつインフレ率を低下させるのは一層難しくなっている」と懸念をあらわにした。ウクライナ危機をきっかけとする世界的な供給ショックが、物価安定を目指すFRBの前に立ちはだかる。(了)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。楽しい週末をお過ごしください。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ