マーケットニュース

FOMC 専門家の見解

<2021年12月17日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
先日はチョコレート専門のカフェに行きました。店内はカカオ豆の展示や説明があり、ビーントゥバー(Bean to Bar:カカオ豆からチョコレートバーになるまでの製造を一貫して行うこと)で作ったチョコレートを提供しているお店でした。最近は豆からこだわって仕入れている個人経営のお店も増えているそうです。何はともあれ美味しかったです。
それでは本日の記事をどうぞ。

=============================================
2021/12/16 06:18

EPA時事EPA時事

〔FOMC反響〕タカ派寄り転換を結晶化したような声明=OEのボスジャンシック氏

 オックスフォード・エコノミクスの米チーフ金融エコノミスト、キャシー・ボスジャンシック氏=12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明は米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派寄りの姿勢への転換を結晶化したようなものだった。インフレは「一時的」という従来の文言が「高水準」との言葉に変わり、量的緩和縮小のペースが2倍に加速した。さらにFRBは、インフレ目標を既に満たした中で完全雇用を達成すれば、利上げに踏み切ることも示唆した。

 タカ派寄りのフォワードガイダンスと併せて、2022年第4四半期に失業率が3.5%に低下するという、労働市場の急速な回復予想が示された。さらに、22年第4四半期の個人消費支出(PCE)コアインフレ率が2.7%、23年には2.3%という、インフレ高止まりの予想も明らかになった。

 金利見通し(ドットプロット)は予想よりもタカ派寄りだった。25ベーシスポイントの利上げが22年中に3回、23年に3回、24年に2回となった。金利見通しの中央値が2.1%となった。声明の中にもタカ派寄りの変更がいくつかあった。その中の一つが国債200億ドル、不動産ローン担保証券(MBS)100億ドルずつの買い入れ減額だ。これは22年3月にプログラムが終了することを示唆している。(ニューヨーク時事)


2021/12/16 06:48

〔FOMC反響〕利上げ時期めぐり、雇用の評価焦点に=HFEのファルキ氏

 ハイ・フリークエンシー・エコノミクスの主任米国エコノミスト、ルビーラ・ファルキ氏=米連邦準備制度理事会(FRB)は予想通り、政策金利を年0~0.25%に据え置き、テーパリング(量的金融緩和の縮小)ペースを速めると発表した。2022年1月から、資産購入の減額規模を現在の月150億ドルから300億ドルに増やす方針で、このペースだと3月までに終了する見通し。加えて、インフレ高進は「一時的」との見方も取り下げた。

 また、最新の金利・経済見通し(SEP)を見ると、21年の失業率は4.3%(9月時点は4.8%)、22年は3.5(同3.8%)に低下。一方、個人消費支出(PCE)インフレ率は21年が5.3%(同4.2%)、22年が2.6%(同2.2%)、23年が2.3%(同2.2%)と上向きに改定された。

 22年以降の利上げに関する示唆も予想通り。政策金利見通し分布図「ドットチャート」によると、参加者18人全員が22年中の利上げを予想し、9月の9人から倍増した。23年と24年も全員が一段の利上げを見込んでいる。

 会合後の記者会見で、景気に関するパウエル議長の論調は楽観的だった。インフレの高止まりと労働市場の急速な回復を踏まえ、FRBはテーパリング加速と利上げに向けた準備をしている。今後は利上げの時期をめぐり、雇用に関する評価が焦点となる。(ニューヨーク時事)


2021/12/16 07:21

〔FOMC反響〕市場予想よりも強いタカ派トーン=WFのブラード氏

 ウェルズ・ファーゴ(WF)のエコノミスト、サム・ブラード氏=米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、足元のインフレについて「一時的」との文言が削除され、量的緩和縮小ペースの加速が発表された。これらはいずれも市場の予想通りだった。一方、金利見通しについては市場が想定していたよりもタカ派トーンが強かった。

 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は会合後の会見で、雇用コスト指数(ECI)でインフレ高進を明確に見極めたとしたが、われわれは先週10日に発表された米消費者物価指数(CPI)の結果が緩和縮小ペースの倍速化と3月終了を決定付けたとみている。

 利上げ想定回数は2022年に3回と、市場の大方の見方よりも1回多かった。これは雇用最大化が来年に達成され、インフレは依然として2%を上回るとの見方に基づいている。(ニューヨーク時事)


2021/12/16 09:41

〔FOMC反響〕保有資産規模の正常化も視野=米国野村証券・雨宮氏

 雨宮愛知・米国野村証券のシニアエコノミスト=米連邦準備制度理事会(FRB)が(量的緩和で膨らんだ)保有資産規模の正常化を視野に入れ、来年にも規模圧縮に着手する可能性が高まったことが(金融引き締めに積極的な)「タカ派」的な政策決定になった最大の要因だ。量的緩和縮小、利上げ、保有資産規模の正常化の三つが来年以降、どのようなスケジュールで行われるのかが焦点。インフレリスクが高まれば、FRBが来年に4回利上げする可能性もゼロではない。(ニューヨーク時事)


2021/12/16 10:16

〔FOMC反響〕タカ派的だがサプライズではない=JPモルガンAM・前川氏

 前川将吾JPモルガン・アセット・マネジメントグローバル・マーケット・ストラテジスト=米連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング(量的金融緩和の縮小)を加速させ、2022年3月に終わらせると決めたことは市場の予想通りだった。来年の利上げ見通しは今年9月の0.5回から3回に引き上げられた。タカ派的だが、マーケット参加者からすると予想の範囲内だ。結果的にネガティブサプライズではなく、警戒されたイベントを無難に通過したことでリスクオンとなっている。無難にFOMCを通過したことにより、日本株も警戒されていた反動で上昇している。

 来年3回の利上げについては、いったん織り込まれればさほど怖くないと考えている。米国の景気を冷やしも吹かしもしない、いわゆる中立金利は2%超えの水準にあると言われている。来年に3回ぐらい利上げしても景気を悪化させることはなく、利上げをしても緩和的な金融政策は続くという見方にシフトしている。引き続き景気や企業業績などファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の見通しが崩れない限り、3回の利上げでもリスクを取り続けられるという見方に変わった第一歩とみている。


2021/12/16 10:59

〔FOMC反響〕バランスシート縮小計画は明示せず=第一生命経済研・藤代氏

 藤代宏一・第一生命経済研究所主任エコノミスト=ドットチャートの2024年の中央値は明確に中立金利を超えなかった。足元のインフレについて、従来とは異なる強力な利上げで強引に抑える必要はないとみているのだろう。バランスシート縮小について、開始時期など具体的な計画が示されるとタカ派的として警戒された可能性があるが、今回、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長から明確な発言はなかった。

 目先の注目点は利上げの開始時期。普通に考えれば3月にテーパリングが終了し、6月に利上げが始まると想定されるが、物価や雇用情勢次第では利上げ開始が早まる可能性もある。もっとも、市場が関心を持つのは利上げの開始時期より、終点がどこにあるかだろう。(了)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。今年もあと2週間頑張りましょう。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ