マーケットニュース

「株9月買い」格言はテーパリングに勝てるか

<2021年9月3日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の松田莉奈です。友人の果樹園で梨の収穫がはじまりました。毎年私の実家へ送ってもらっていますが、今年は友人が気を利かせて贈答用の豊水の大玉を箱詰めしてくれました。果汁がたっぷりらしく、私も食べてみたいです。それでは今週の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
「株9月買い」格言はテーパリングに勝てるか

AFP=時事AFP=時事

 米国株式市場には「セル・イン・メイ(5月は売れ)」という相場格言があります。正確には「Sell in May and go away」という言葉で、「and come back on St Leger day」と続きます。5月に株を売って、市場から立ち去り、英国競馬の大レース「セント・レジャー・ステークス(St Leger Stakes)」が開催される9月第2土曜日に株を買いに戻ってこいというものです。

 2008~2012年に米国駐在経験のある大和証券チーフ・グローバルストラテジストの壁谷洋和氏によれば、「セル・イン・メイ」は米国の投資家なら誰でも知っている認知度の高い相場格言です。今年なら9月13日(月)が米国株の買い仕込みのスタートです。

 この「5月売り、9月買い」を勧める格言の信ぴょう性ですが、米S&P500種株価指数に連動する上場投資信託(ETF)を9月末の終値で買い、翌年5月上旬に売った場合に利益を得られたかどうかの戦績はリーマン・ショックのあった08年から20年の13年間で10勝3敗です。9月中の安値と翌年5月の高値で比較しても、00年以降の勝率は9割を超えます。

 ただ、これはあくまで過去のデータです。S&P500が8月に史上最高値を更新するなど株式市場は右肩上がりが続いていますが、今年は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が年内開始を示唆しているテーパリング(金融緩和縮小)という波乱要因が待ち構えています。

 米投資情報誌「バロンズ」の注目記事を日本語で伝える「バロンズ・ダイジェスト」は8月31日に「テーパリングを乗り切る9銘柄」の記事を掲載。S&P500構成銘柄のうち「FRBがアクセルから足を離しても前進し続ける可能性が高い銘柄」を紹介しました。

 大和証券の壁谷氏は米国株について「大勢では上昇トレンドが続きそうですが、年末にかけてテーパリングをめぐって市場が短期的に不安定化する局面が訪れるかもしれない」と予測します。相場格言通りの「9月買い」が今年も通用するか、結果は来年5月までのお楽しみです。
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。みなさまよい週末をお過ごしください。 松田

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ