マーケットニュース

7月米消費者物価指数(CPI)市場予想

<2021年8月10日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
お盆の時期ですが、引き続き移動しづらい状況が続いています。旅行も難しい世の中ですので、各都道府県のアンテナショップめぐりをして旅気分を味わっています。岩手県の「小岩井農場のむヨーグルト」や、高知県の「ごっくん馬路村」などを飲みながら、旅先に思いを馳せています。
それでは、本日の記事をどうぞ。

=============================================
2021/08/10 05:59

〔米指標予測〕7月の米消費者物価、0.5%上昇か=コアは0.4%上昇

EPA時事
EPA時事

【ニューヨーク時事】米労働省が11日発表する7月の消費者物価指数(CPI)の市場予想(ロイター通信調べ)によると、予想中央値は前月比0.5%上昇となった。変動の大きいエネルギーと食料品を除くコア指数は0.4%上昇の見通しで、いずれも前月からの減速が予想されている。

 オックスフォード・エコノミクスは総合が0.5%上昇、コアは0.4%上昇と予想した。これは過去4カ月の上昇幅を下回る水準。ガソリン、天然ガス、食料品価格の一段高が総合の押し上げに寄与した。コアは引き続き住居費が上げ圧力だと指摘した。

 バークレイズは総合が0.6%上昇、コアも0.6%上昇を見込んだ。供給制約と経済再開が押し上げ圧力。エネルギーが1.7%上昇(前月は1.5%上昇)、食料品が0.4%上昇とみる。中古車などは過去数カ月で大きなインフレ圧力となったが、今後数カ月にかけても同様の圧力となる公算は小さいと予想した。エネルギー先物を踏まえると、エネルギー価格の減速が見込まれ、「第4四半期からインフレ圧力が和らぐ」との見通しを示した。

◇7月の米消費者物価(CPI)の予測(11日発表)

        総 合     コ ア
 【予測値】  0.5     0.4
 【6 月】  0.9     0.9

(注)前月比伸び率%。9日時点の51社(コアは50社)の予想中央値、ロイター通信調べ(了)

発表予定日:2021年8月11日
=============================================

いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。素敵な1週間をお過ごしください。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ