マーケットニュース

将来有望な技術は? バロンズ100周年で記念対談

<2021年5月14日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
連休明けから何となく気候も不安定ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は数日おきに謎の蕁麻疹が出るのが最近のちょっとした悩みです。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
将来有望な技術は? バロンズ100周年で記念対談

BARRON’S創刊100周年記念MovieよりBARRON’S創刊100周年記念Movieより

 ゴールデンウイーク期間中も新型コロナの感染者は減らず、緊急事態宣言が延長・拡大されました。一方、米国ではワクチン接種の進展で感染状況が改善。ニューヨーク州が行動制限の一段の緩和を決めるなど日本とは対照的な動きです。景気回復期待の高まりを受けて先週後半にNYダウが連日史上最高値を更新する中、米投資情報誌「BARRON′S」が5月9日、創刊100周年を迎えました。

 同誌の日本語版サービスを提供する時事通信の「バロンズ・ダイジェスト」の今週号には、100周年を記念した記事が掲載されています。100年後の世界を想像する対談「ラウンドテーブル」、創業者クラレンス・バロン氏の人物紹介、NYダウ100年間の動き―の3本です。

 BARRON′Sがスタートした1921年は第1次世界大戦の終結から2年余り。スペイン風邪の大流行は終息したものの、米経済は戦後不況にあえいでいました。「NYダウ100年」の記事によると、1920年代のダウの安値は64ドル、高値は「暗黒の木曜日」の少し前に付けた381ドルでした。コンピューター大手のIBMが採用されたのは1930年代で、1000ドル突破は1970年代。10年区切りで最も上昇率が高かったのは1990年代の317.6%だそうです。

 創業者のバロン氏はどんな人だったのか。以下に記事を紹介します。「常に虚勢を張り、洞察力に富むが盲点を持った人物」と辛口の評価。

 バロンズ誌の創業者が残したもの 金融ジャーナリズム先駆者の矛盾に満ちた人生

 これから100年後の世界を予測するのは困難で、「ラウンドテーブル」の対談でもはっきりしたことは語られていません。科学技術については、地球温暖化対応や情報技術のヘルスケアへの応用、ロボット、自動運転、宇宙開発などが有望との見方に加え、中国が大きく躍進しているとの予測もありました。「NYダウ100年」も含め米本誌の特設サイトでオリジナルの英文記事を読むことができます。

 時事通信も記念セミナーを開催し、BARRON′S編集担当者による米株式市場の解説など行います。ここ数日、インフレ懸念に動揺する米市場。経験豊富な彼らがどう見ているか、興味深いところです。5月19日夜にウェブ上で公開の予定。バロンズ・ダイジェストの読者限定ですが、お試し購読に登録すると視聴できます。興味のある方はお問い合わせください。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。来週もどうぞよろしくお願いします。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ