マーケットニュース

バフェット氏 コロナ下の最大投資先は自社株

<2021年3月5日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原桃子です。
3月に入り、東京も春らしい日差しを感じる日も増えてきました。旅行に出かけたい気分を紛らすために海外・国内各地の街歩き動画を見てしまいます。それでは、今週の編集長コラムをどうぞ。

==============================
バフェット氏 コロナ下の最大投資先は自社株

AFP時事
AFP時事

 米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏が今年も恒例の「株主への手紙」を公開しました。「投資の神様」が率いるバークシャー・ハサウェイは、アップルやコカ・コーラをはじめ、損害保険、電力、鉄道など多様な企業に投資し、大きな成功を収めてきました。2008年の金融危機の際は、ゴールドマン・サックスに巨額の資金を投じたことで知られます。コロナ危機下での行動も関心を集めましたが、昨年バークシャーが行った最大の投資は自社株買いでした。

 「手紙」にはバークシャー保有株のうち、2020年12月末時点での評価額上位15社の情報が記載されています。第1位はアップル。「実体のよく分からないものには投資しない」と言われるバフェット氏はIT企業への投資には慎重姿勢を続け、2016年にアップル株の大量保有を公表した時はウォール街もびっくりでした。当時アップルは一時的に業績が落ち込み、株価が下落していました。投資額311億ドルに対し、評価額は1204億ドル。資産は4倍に拡大し、円換算で95兆円もの含み益が出ています。

 飲料メーカーのコカ・コーラは3位。1988年から保有しているとされる銘柄です。投資額13億ドル、時価220億ドル、含み益は円換算で22兆円。30年余りで17倍と、長期投資のお手本のようなパフォーマンスを上げています。昨年は日本の商社株への投資も話題になりました。14位に伊藤忠商事が入りました。

 ただ、「手紙」では注目されたコロナについてほとんど触れていません。長年の投資先である家具販売会社が「COVID-19」で店舗を一時閉鎖したものの過去最高の販売を記録したことを紹介した程度。バフェット氏はコロナ禍を一過性の出来事ととらえているようです。もっとも、金融株を売却する一方、バイオ医薬品メーカーなどへの投資はそれなりに行っています。 

採録記事

米バークシャー、自社株買い過去最高の2.6兆円=バフェット氏、経済への強気維持

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハサウェイは27日、毎年恒例の「株主への手紙」を公表し、2020年の自社株買い総額が …

 「株主への手紙」を報じた時事通信ニューヨーク発の記事は、自社株買いが膨らんだことに焦点を当てていました。コロナ危機では政府や中央銀行が強力な対策を打ち出し、暴落した株価も早期に回復しました。割安な銘柄に資金を投じる「バリュー投資」を貫くバフェット氏にとって、自社株が最も有望な投資先だったようです。
==============================

今週も編集長コラムをご覧いただきありがとうございました。来週もどうぞよろしくお願いいたします。 春原(すのはら)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ