マーケットニュース

「デジタル人民元」始動へ 世界初・年内にも

<2021年1月5日>

2021/01/02 15:07

中国、デジタル人民元始動へ=世界初、年内にも

EPA時事
EPA時事

【北京時事】中国で「デジタル人民元」導入の準備が最終段階を迎えている。昨秋には実際の利用を想定した大規模な実証実験がスタート。2022年2月の北京冬季五輪を見据え、中央銀行の発行する法定通貨では世界初となるデジタル通貨が、21年中にも登場する見通しだ。当面は現金との併存が続く予定だが、経済のデジタル化が進展し、社会の仕組みが大きく変わる可能性もある。

 中国人民銀行(中央銀行)は14年にデジタル元の研究に着手。一部地域での限定的な試験を経て、20年10月に広東省深セン市で5万人、12月には江蘇省蘇州市で10万人を対象に実証実験を行った。

 抽選で選ばれた市民はスマートフォンにデジタル元を入れるウォレット(財布)のアプリをダウンロードした上で、1人200元(約3200円)分のお金を無償で受け取り、商店やレストランでの支払いに使った。

 蘇州の実験では、インターネットに接続していない状態でデジタル元をやりとりするシステムも試された。中国メディアによると、スマホ同士を軽く接触させるだけでお金の受け渡しが終わり、通信状況に関係なく取引できることが確認された。

 こうしたオフラインのやりとりはオンラインよりも高度なセキュリティーが求められる。中国メディアは専門家の話として、ブロックチェーン(分散型台帳)と呼ばれる新技術などによって可能になったと説明、デジタル元実現に向けた「飛躍的な進歩」と評価した。

 デジタル通貨は世界各地で導入が検討されている。日銀は21年度の実証実験を計画、欧州中央銀行(ECB)も発行の可否を判断する方針を示している。一方、米国は慎重姿勢だ。また民間では、米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「ディエム(旧リブラ)」の実用化に向けて、準備が進んでいる。(了)

関連記事一覧

暗号資産

2020年1月、ビットコインが4万1000ドルを突破、史上最高値を記録した。新型コロナウイルスの影響が深刻化して以来、景気を下支えするため各 …

関連記事一覧

デジタル通貨

2020年10月、中国・広東省深圳市で市民5万人が参加する実証実験がスタート。日銀は2021年度から実験を行う予定で作業を進める。CBDC= …

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ