マーケットニュース

SOMPO、国内最安の外国株ファンドを設定へ=アクティブで信託報酬0.077%

2021年12月06日 09時00分

SOMPO123 先進国株式SOMPO123 先進国株式(クリックで表示)

 SOMPOアセットマネジメントは、信託報酬が年0.077%(税込み)と国内最安となる外国株のアクティブ型ファンド「SOMPO123 先進国株式」を21日に設定する。インターネット証券で取り扱うため、購入時手数料がゼロで、信託財産留保額もない。積み立て投資を行う資産形成層をターゲットに商品設計した。

 このファンドの信託報酬は、外国株アクティブ型ファンドの平均(同1.393%)を下回るだけでなく、低コストの外国株インデックス型ファンドの同0.09%台よりも低い。

 ファンドマネジャーが日本を除く先進国企業の中から、財務基盤のしっかりした大型の優良企業123社程度を選択して分散投資する。SBI証券と松井証券での販売が決まっている。

 同社では、信託報酬の設定の考え方について「積み立て投資のお客さまは、保有期間が長い。より多くの方に利用してもらうことを想定し、『残高×保有年数』で、信託報酬を決めた」と話している。

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に