マーケットニュース

日本FP協会、9月から全国でセミナー=震災10年「リスクに強い家計をつくろう」

2021年08月10日 09時30分

リスクに強い家計をつくろう

 NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(白根壽晴理事長)は、9~11月に全国で、ファイナンシャル・プランナー(FP)による「くらしとお金」の無料セミナーや相談会を開催する。

 FPとは「一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面でのさまざまな悩みをサポートし、その解決をアドバイスする専門家」だ。相談者のライフプラン(人生設計)に基づいて将来の収支見通しなどの「資産設計・資金計画」を提案、その実行をサポートする。

 セミナーは、こうした計画作成などの「ファイナンシャル・プランニング」の必要性を理解し、FPの存在を身近に感じてもらうことを狙いとして、2004年にスタートした。今年で17年目を迎えており、これまでに延べ12万人超が参加している。

 セミナーは、各地の特性に応じて「ライフプラン」「住まい」「資産形成」などのテーマで開催する予定。今年は、東日本大震災から10年の節目に当たることから、東北ブロックでは「防災」をテーマとしたものを企画している。

 同協会は、これに合わせて小冊子「リスクに強い家計をつくろう」を作成した。自然災害や新型コロナウイルス感染症などのリスクに備えて、家計面でのポイントをまとめた。また、震災からの復興をサポートしてきたFPが具体的なアドバイスを寄せている。ホームページからダウンロードできる。

 ■日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
 https://www.jafp.or.jp/

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に