マーケットニュース

ウクライナ危機で小麦相場は9年半ぶり高値水準

<2022年2月25日>

こんにちは。JFSメルマガチームの中島 知乃(なかしま ともの)です。
近所のパン屋で大きな苺と生クリームを挟んだクロワッサンが売り始められました。最近、街中を歩いていても苺を使ったスイーツをよく見かけるようになり、春が近づいていると感じます。暖かくなるのが楽しみですね。
それでは、本日の記事をどうぞ。

=============================================
2022/02/25 05:29

シカゴ小麦、ストップ高=9年半ぶり高水準、ウクライナ危機で供給懸念

AFP時事AFP時事

 【ニューヨーク時事】24日のシカゴ商品取引所(CBOT)の穀物先物市場では、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、両国産小麦の供給懸念が高まり、小麦相場はストップ高となった。中心限月5月きりの清算値(終値に相当)は値幅制限いっぱいの前日比50.00セント高の934.75セント。中心限月ベースで2012年9月以来、約9年5カ月ぶりの高値水準で推移している。

 米農務省の統計によると、ロシアとウクライナは世界全体の小麦輸出高の約3割、トウモロコシ輸出高の約2割を占める。両国産穀物は主に黒海沿岸の港から輸出されている。

 ロイター通信によると、黒海に面する南部オデッサにロシア軍が上陸。また、ウクライナ軍は港湾業務を全て停止しており、国外への穀物輸送の停滞が懸念されている。

 オランダ金融大手INGは「ロシアとウクライナの緊張は世界の市場の供給リスクを悪化させた」と分析。「ロシアからの供給も今後数カ月にわたって非常に不透明で、トレーダーは穀物を海外に出荷するのではなく、国内で保管するようになった」との見方を示す。

 同ラボバンクは「次年度の作物の収穫が始まる7月まで制裁が続いた場合、世界的な穀物供給は大幅に削減され、小麦価格は2倍になり、トウモロコシ価格は30%上昇する」と予測した。

 米メディアによれば、米国内では「紛争が長引けば、今年秋はパン不足に陥る」との見方も出ている。米食品大手ゼネラル・ミルズは「冷蔵生地やピザの深刻な供給不足」に直面していると警告。同ケロッグのバナティ最高財務責任者(CFO)は投資家に対し、小麦価格の上昇が圧迫要因になっていると説明した。(了)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。素敵な週末を過ごしください。次回もよろしくお願いいたします。 中島

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ