マーケットニュース

新規上場、15年ぶり高水準=初値も公開価格上回る

<2021年11月26日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の春原(すのはら)桃子です。
先日、友人のお供でお洒落な眼鏡屋さんに行きました。眼鏡のフォルムや色、素材などあまりの種類の多さにびっくりしました。レンズも今は使用目的や年齢に応じてかなりバリエーション豊かです。選び方のコツも教えてもらい、私も新調したくなってしまいました。
それでは、本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
新規上場、15年ぶり高水準=初値も公開価格上回る

時事時事

 2021年も1カ月余り。今年は9月14日に日経平均株価がバブル最盛期の1990年8月以来約31年ぶりの高値(3万0795円)に上昇するなど株高が顕著な年でした。

 市場の熱気を象徴するのは新規公開(IPO)件数の多さでしょう。日銀の上場投資信託(ETF)購入や年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による買い増しなど巨額資金で動かせる上場銘柄の株価と違い、IPO銘柄には公的マネーが入らず、市場の雰囲気がストレートに反映されるためです。

 今年は11月25日までに90社が上場し、大納会3日前の12月27日まで33社の新規上場が予定されています。この年間123社のIPOは、2006年の188社以来の高水準です。IPOはリーマン・ショック後の09年に19社まで激減。その後、15年の92件まで6年連続で増加した後、16年以降は90件前後で頭打ちになっていました。しかし、今年は一気に123件に増加し、株価チャートで言えば、上値抵抗線を突破した形です。

 今年は米国でも株価が上昇しました。主力500銘柄で構成するS&P500種は史上最高値更新を続け、11月24日終値は昨年末比25.2%高です。一方、日本の日経平均株価は6.8%高でまだ史上最高値の約4分の3の水準にとどまっています。

 日米の株価の差の根底にあるのは魅力ある企業がどれだけあるかの差です。米国株を力強く押し上げてきたのはグーグルやアップルなどGAFAと呼ばれるまだ歴史の浅いIT(情報技術)関連企業です。今後の日本でも株式市場が盛り上がっていくには、元気なIPO企業が欠かせません。IPOが増えた21年が日本経済復活のゼロマイル地点になっていてほしいものです。

 当コラムではデータをいじって遊んでみるのがお約束です。そこで今回は1月から11月25日までの新規公開企業を全て最低投資単位の100株で公募・売り出しで買い、上場初日に売るトレードを考えてみました。9割を超える銘柄で初値が公募価格を上回っていたため、総投資額1766万円が2881万円に大化けという結果でした。IPOには夢がありますね。(JFSメールマガジン編集長・伊藤幸二)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただきありがとうございました。11月最後の週末です。寒くなってきましたので皆さんお身体に気を付けてお過ごしください。 春原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ