マーケットニュース

5月の経験則は騰落拮抗-東京株の「セル・イン・メイ」

<2022年4月15日>

こんにちは。JFSメールマガジン担当の松原蒼空(あおぞら)です。
桜の苗をいただき、育て始めました。早く育ってほしくてつい水をあげすぎてしまいます。まだ芽の状態なので、大木になるのは気が遠くなるほど時間がかかりそうですが、花咲く日が楽しみです。
それでは本日の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
5月の経験則は騰落拮抗-東京株の「セル・イン・メイ」

AFP時事AFP時事

 ロシアのウクライナ侵攻や米国のインフレ懸念という二つの強力なマイナス材料にもかかわらず、日経平均株価は4月13日に2万7000円台へ値を戻してきました。1月5日の今年の最高値と3月9日の最安値のほぼ中間点という悩ましい水準です。今後、株価が高値を目指すのか、再び安値を探るのか、投資家の強弱感が交錯している様子が現在の日経平均の水準に表れています。

 20年ぶりの円安水準も含め、大荒れの金融市場ですが、今年も米国の相場格言で売りが推奨される「セル・イン・メイ(5月は売れ)」の季節がやってきます。「Sell in May and go away, and come back on St Leger day」。5月に株を売って、市場から立ち去り、英国競馬の大レース「セント・レジャー・ステークス(St Leger Stakes)」が開催される9月第2土曜日に株を買いに戻ってこいという有名な格言です。

 では、東京市場の場合、これまでの経験則では売りなのか、買いなのか、今後の株価を考える手掛かりに、5月の日経平均を振り返ってみました。戦後の東証再開(1949年5月16日)から昨年まで73年分のデータを調べると、興味深いことがわりました。

 5月は過去に日経平均の上昇と下落の回数が同じだった日、いわゆる騰落拮抗日が12、24、30と3日あり、年間では最も多い月になります。12日は上昇、下落とも各28回、24日と30日は各29回です。同様の騰落拮抗日は3月と9月に2回ありますが、2、4、7、11、12月はありません。

 ちなみに昨年までの過去29年間では、5月の日経平均は値上がり15回、値下がり14回とわずかに「勝ち越し」ですが、平均騰落率は0.48%下落と「負け越し」です。持ち株が値上がりそうで値上がりしないのが5月相場の特徴と言えそうです。

 日本は連休中ですが、5月3、4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)には世界の投資家が関心を寄せています。0.5%の政策金利引き上げは3月までに金利、為替、株式の各市場で織り込まれました。4月6日に公表された前回会合(3月15、16日)の議事要旨では、米連邦準備制度理事会(FRB)の保有資産圧縮額の上限を月間950億ドルとするハイペースの量的引き締めでFOMCメンバーがほぼ合意していたことが判明しています。

 米系大手運用会社インベスコの木下智夫グローバル・マーケット・ストラテジストは5月と6月にそれぞれ0.5%の利上げを予想し、月額950億ドルペースの資産圧縮が米長期金利を0.87%押し上げる効果があるとの試算を紹介。年初からの実質金利上昇がFRBの資産圧縮を織り込んだものとすれば、長期金利は当面のピークに近づいたと指摘して、「テクノロジー銘柄など成長株の株価が短期的に上向く可能性が高まっている」とみています。米国の強烈な金融引き締めさえ織り込み済みとなれば、投資家の気迷いはさらに深まりそうです。(伊藤幸二=JFSメールマガジン編集長)
=============================================

本日もメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。素敵な週末をお過ごしください。 松原

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ