マーケットニュース

ドル高・円高・ユーロ安、為替は今年も「荒れる3月」

<2022年3月4日>

こんにちは、JFSメールマガジン担当の松田莉奈です。
朝晩と日中の寒暖差が激しいこの頃ですね。夜は、先輩社員から譲り頂いた電気毛布が大活躍しています。暖房の頻度も減り、寝つきもよくなり快適です。
それでは今週の編集長コラムをどうぞ。

=============================================
ドル高・円高・ユーロ安、為替は今年も「荒れる3月」

EPA=時事EPA=時事

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は2日の米下院金融サービス委員会で証言し、インフレ抑制のため15、16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で事実上のゼロ金利政策を解除し、0.25%の利上げを行う意向を表明しました。米国の利上げはドル高要因ですが、一方でロシアによるウクライナ攻撃は激しさを増し、安全資産とされる円をリスク回避で買う動きも出ています。「有事のドル買い」の格言もあり、外国為替市場は「ドル高・円高・ユーロ安」の様相ですが、私たちの生活に影響の大きいドル・円レートはどちらに向かうのでしょうか。

 為替市場では「3月は荒れる」と言われます。昨年3月はドルの対円レートの値幅が4円60銭と1年で最も大きく、2020年も月間変動幅が大きかったのは3月でした。そこで今回はドル・円相場の月別の動きを調べてみました。参照したデータは日銀のホームページで月間の高値・安値をたどれる92年8月から2022年1月までの354か月分(東京市場・スポット価格)です。

 月間のドルの高値と安値の差で平均を取ると、3月が5円14銭と最大でした。他の月は4円17銭(7月)~4円63銭(2月と10月)と狭い範囲に収まっているので、5円を超える3月は変動幅の大きさが目立ちます。ちなみに、単月で変動幅が最も大きかったのは日本で金融不安が高まり、日本長期信用銀行(現新生銀行)が国有化された1998年10月の23.09円(1ドル=113円81銭~136円90銭)でした。変動幅の最小は円が対ドルで最高値圏にあった2011年12月の0円70銭(1ドル=77円48銭~78円18銭)です。

 3月のドル・円相場の動きを大きくするのは日本企業との見方があります。輸出代金や海外売り上げ、外貨建て資産などを円に替える取引が3月期末にかけて増え、変動幅が大きくなるという説明が可能です。もっとも、この説が正しいとすれば3月は円高の特異月となりそうですが、実際には3月は円高にも円安にも動いているので、必ずしも日本企業による円需要が値幅拡大の原因とは言い切れません。

 米国の金融政策もウクライナ情勢も先行きは依然として不透明です。ロシアがクリミア半島を併合したのも14年3月、11年3月の東日本大震災の発生直後には、投機筋が円高を仕掛け、日米欧による円売りの協調為替介入が行われています。原因はさておき、為替市場は今年も「荒れる3月」になりそうです。(伊藤幸二=JFSメールマガジン編集長)
=============================================

本日もメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。素敵な週末をお過ごしください。 松田

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に
よく読まれている記事
メルマガ一覧

過去分を表示する

メルマガ採録記事一覧

メルマガ採録記事一覧へ

関連製品 & お知らせ