マーケットニュース

セゾン投信、金融サービス仲介業者との協業へ=日本初、顧客層の拡大目指す

2022年11月22日 09時00分

セゾン投信中野会長

 セゾン投信は来年初めにも、金融サービス仲介業者等に商品・サービスの提供を行う予定だと発表した。新たに誕生した金融サービス仲介業者等と協業することで、これまで接点を持てなかった顧客層にアプローチする狙い。投資信託を直接販売する運用会社が、金融サービス仲介業者等と協業するのは日本で初めてになるという。(※セゾン投信調べ)

 2021年11月に誕生した金融サービス仲介業者は、一つの登録で銀行や証券、保険など幅広い金融サービスを提供できる。特定の金融機関に所属せず、複数の金融機関のサービスを仲介することで、お客さまの多種多様なニーズに対応し、顧客本位のサービスを提供することが期待されている。

 セゾン投信では「『長期・積立・分散投資』で個人の資産形成を支援する」という理念を共有できる金融サービス仲介業者等と協業する方針で、「複数の事業体とのパートナーシップ締結に向けて準備を進めている」という。

 中野晴啓代表取締役会長CEOは「フィンテックが定着し生活者の資産運用に対する行動変容が促進されている今、金融サービス仲介業者等と協業することで、セゾン投信が標榜する『お客さま全部主義』の価値観をより多くの生活者に向けてお届けすることが可能になると考えている」と話している。(了)

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に