話題のキーワード
ヘッジファンド

用語説明
2021年04月05日 09時00分
EPA=時事
EPA=時事

 富裕層や機関投資家から資金を集め、株式や債券、為替、デリバティブなどを対象にハイリスク・ハイリターンの運用を行う投資ファンド。個人など不特定多数の投資家に販売されるファンドを「公募」の投資信託と呼ぶのに対し、ヘッジファンドは販売する人を限定した「私募」の形態を取っているため、規制が緩い。

 有名なヘッジファンドとしては、英国の通貨ポンドに巨額の売りを浴びせたジョージ・ソロス氏の「クォンタム・ファンド」、1998年に破綻した高度な金融工学を駆使する「ロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)」、「伝説のファンドマネジャー」と呼ばれるジュリアン・ロバートソン氏が運用していた「タイガー・ファンド」などがある。

 2021年3月、タイガー・ファンド出身のビル・フアン氏が率いる米投資会社「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」が運用するファンドが巨額の損失を出し、マーケットに衝撃が走った。このファンドとの取引に関連して野村ホールディングスや三菱UFJ証券ホールディングスなど国内外の金融機関にも多額の損失が発生する見通し。