マーケットニュース

サンプル(過去記事より)

バークシャー、大手地銀株を売却

Warren Buffett’s Berkshire Hathaway Sold a Big Bank Stock This Week

新型コロナ禍の影響受けたUSバンコープ

保有比率は10%割り込む

Photograph by Paul Morigi/Getty Images for Fortune/Time Inc

米投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ<BRKB>が米大手地銀、USバンコープ<USB>の株式をこのほど売却していたことが明らかとなった。

 米証券取引委員会(SEC)に提出した文書で分かったもので、それによるとバークシャーは今月11、12日、子会社を通じUSバンコープの株式49万7786株を1630万ドルで売却した。この結果、バークシャーが保有するUSバンコープ株は、合計で1億5050万株となった。

 バフェット氏はSECへの文書で、一部株式の売却によりUSバンコープの株式に占めるバークシャーの比率は10%を下回ると述べている。その結果、バフェット氏およびバークシャーは同行株について取引ごとに報告する義務はなくなり、各四半期末に開示するだけでよくなる。

年初来株価は大幅下落

バークシャーはバロンズ誌からのコメント要請に回答しなかった。

 USバンコープの株価は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市場の混乱で大きな打撃を受けている。13日の取引終了時点で同行の株価は29.45ドルで、年初来では50.3%安に落ち込んだ。これに対し、S&P500種指数の年初来下げ幅は、13日時点で12.7%安となっている。