バロンズ拾い読み

バロンズ誌は米大手メディア企業ダウ・ジョーンズ(DJ)が発行する米国で最も著名な金融専門週刊誌です。発行部数は30万部(同じくDJ発行の経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルは170万部)にも上り金融業界人と投資家の必読誌となっています。

バロンズ拾い読みの
読みこなしガイド

「バロンズ拾い読み」について

『バロンズ拾い読み』は、バロンズ誌の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し日本語で抜粋・要約したリポートです。時事通信社はダウ・ジョーンズと提携し、米国で毎週土曜日に発行されるバロンズ誌の抜粋・要約版である『バロンズ拾い読み』を日本時間日曜日に配信いたします。

バロンズ拾い読み

バロンズ拾い読みを試読する

サービスの特長

英語版で毎週数十本配信される中から、以下のように日本の投資家に有用かどうかという視点で掲載する記事を選択しています。

米国でも注目度が高いかどうか

年初のラウンドテーブルという著名ストラテジスト・運用者の座談会は有名です。マクロ経済、政治、国際情勢など相場に影響する話題が取り上げられ、参加者は米国でも大きな注目を集めます。ここで推奨された銘柄は半年後に中間報告、一年後の同じ企画できっちりとパフォーマンスが開示されます。

節目節目の景気・相場見通しの特集記事、ETFや金の動向、国際情勢、さらにはミューチュアルファンド、ヘッジファンドなど、その時々の流行りのテーマも取り上げています。

相場を考える上で参考になるかどうか

毎週のようにファンドマネージャーの紹介記事がありますが、ここでは運用者の投資哲学や保有銘柄が紹介されています。プロの投資手法が学べるという点で、彼らの保有銘柄は大いに参考になります。また、ハイテクやシェールガス、ESGなど米国発の新潮流を紹介した記事は日本でも注目度が高く、積極的にとりあげています。

バロンズ拾い読みの
読みこなしガイド

サービス提供方法

Webサービス

専用サイトにID/PWでアクセスし、格納されているPDFファイルを閲覧していただきます。

PC、タブレット、スマートフォンなど複数のデバイスからご利用頂けます。気になる配信号にはお気に入り登録ができ、ご契約日からの配信号はいつでも遡ってご活用頂けます。

専用サイトの動作環境は、以下をご覧ください。

パソコン、スマートフォン、タブレット端末で、ご利用できます。
動作環境 Windows Mac iOS Android
OS 【32bit版、64bit版】
Windows 7/8.1/10
(各日本語版※1 ※2)
Macintosh 10.10
(各日本語版※1)
iOS 9.0.0以上 Andoroid 4.4以上※1
ブラウザ InternetExplorer9以上(※3)
FireFox最新版、
Chrome最新版、
Microsoft Edge最新版
Safari最新版、
Chrome最新版
Safari
(Chrome)
標準ブラウザ
(Chrome※4
Windows

OS

【32bit版、64bit版】Windows 7/8.1/10(各日本語版※1 ※2)

ブラウザ

InternetExplorer9以上(※3)、FireFox最新版、Chrome最新版、Microsoft Edge最新版

Mac

OS

Macintosh 10.10(各日本語版※1)

ブラウザ

Safari最新版、Chrome最新版

iOS

OS

iOS 9.0.0以上

ブラウザ

Safari(Chrome)

Android

OS

Andoroid 4.4以上※1

ブラウザ

標準ブラウザ(Chrome※4

  1. 動作確認は最新のサービスパック、アップデートが適用された環境で実施しております。最新のサービスパック、アップデートが適用されていない環境で発生する不具合については、サービスパック、アップデートを適用する事でご対応ください。
  2. Windows RT には対応していません。
  3. InternetExplorer利用時のみAdobeReaderの最新版が必要となります。
  4. 簡易動作確認のみ実施しているため、不具合が生じた場合はバージョンアップもしくは他のアプリケーションでのご利用にてご対応ください。
  5. 各ブラウザ64bit版のOSの場合も32bit版のブラウザをご利用ください。

配信サービス

社内イントラネットや証券オンライントレードの会員サイト向けに、PDF/テキスト形式のファイルで配信いたします。

よくあるご質問