マーケットニュース

〔海外決算〕米ファイザー、21年のコロナワクチン売り上げ1.6兆円予想

2021年02月02日 22時03分

AFP時事AFP時事

【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは2日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの2021年12月期通期の売り上げが約150億ドル(約1兆5800億円)に上るとの見通しを明らかにした。また、景気や医療活動が回復するとの見通しも織り込み、21年通期の調整後1株当たり利益について、3.10~3.20ドルになると予想した。

 同時に発表した20年10~12月期決算は前年同期比12%の増収だった。このうち、コロナワクチンの売り上げは1億5400万ドル。乳がん治療薬「イブランス」なども売り上げを支えた。20年通期では、売上高が前期比2%増の419億0800万ドル、純利益が41%減の96億1600万ドル、調整後1株当たり利益は16%増の2.22ドルだった。

 ◇ファイザー(PFE)決算の概要
     20年10~12月    市場予想    前年同期
売上高     11,684  11,428  10,449
純損益        594   2,715    ▲337
1株利益      0.42    0.48    0.36
(注)売上高と純損益の単位は100万ドル、1株利益は調整後、ドル。▲は赤字。市場予想はリフィニティブ調べ(了)

関連記事一覧

新型コロナワクチン

ワクチンへの期待感から株式市場は大幅に上昇。米国ではNYダウが初めて3万ドルの大台を突破。東京市場も日経平均株価が1991年以来となる2万6 …


〔海外決算〕について
米国や欧州、アジアなど海外主要企業の決算記事。発表後、迅速に業績のポイントを伝えます。

 

メールマガジン
最新のリアルタイムマーケットニュースとデータをお手元に